人気ブログランキング |

夢博士の独白



<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


夢の中の存在と不透明な本質、螺旋的展開の進化又は退化、審判と自由に対する無力感

 これからは「雄猫」はバローと呼ぶことにしよう。私は「夢」の中の「私」に、そう言い聞かせたのです。ところが、「手」と「足」ですら覚束無い「私」からは、「発声」と「発音」という「機能」は奪われている。「発念」するしかない。「時計」の如く「本質」が「存在」に先立つものでもなければ、後ろに見えるものでもない。私は「夢」の中で呼び掛けました。振り向いたのは、バローに違いないと「私」に言い聞かせたのです。

 兎に角、「脱兎」の如く「状況」は慌しく「変化」していたのです。何人かの「店員」の冷やかな「視線」が「鋭角」に突き刺さる。「私」はバローを持ち帰る「箱」を作っている。段ボールを「点線」に従って切り抜いては、横を見遣ると、バローが巨大化していたのです。一回り大きな「箱」を造らなくてはならない。その「儀式」を繰り返すことによって、私達は「心」を通わせることができると、刹那に感じたのです。幸せな「一瞬」も在る、それが「夢」の「本質」を切り取っているのかもしれない。

 段ボールは直ぐに「底」を突きました。その四角の「底」を通して、バローの悲しげな「顔」が見えたのです。急がなくてはならない。一刻の「猶予」も儘ならない。新幹線は「定刻」の「発車」を自己目的としている。「本質」は「存在」の先を走っている。

 エレベーターが最適の「箱」となって、「定刻」に上昇して来ました。私はバローに「告白」しなければならない。密室への「恐怖」を打ち明けなければならない。ところが、「扉」が勿体ぶって開くと、無数の玩具の「空箱」が閉じ込められていたのです。もちろん、新幹線の「箱」も空っぽでした。我々の「空間」は無いが、「空席」は在るかもしれない。

 次の「選択肢」は限られていましたが、我々は非常口からの螺旋階段の「存在」を予見したのです。恐らく、それが未来からの「記憶」と呼べるものでしょう。螺旋状の「階段」を上から視ると、クルクルと回転しながら、元の「位置」に戻っているように見えるのです。ところが、横から視ると、事物が螺旋的に発展する「進化」の「過程」のように見えると言うのです。私の「知識」が、「夢」の中の「私」とバローを観ていたのです。彼等は「階段」を降りることで、「退化」の「過程」を歩もうとしていたのです。

「階段」を降りながら、「半身」になって振り返ると、「私」とバローの「位置」が逆になっていたのです。抱き抱えていたはずのバローは等身大となって、しかも二足歩行で「階段」を下っていたのです。周りはと言うと、宇宙のような「暗闇」が拡がっていました。不意を突くようにして、不気味な「肺魚」が巨大な「口」を開けて現れて、テレビの「残像」のようにして消えて行くのです。

カラーンと「空虚」が溢れ出るかの「静寂」が響いて、螺旋階段が地下の「通路」に導かれたことを報せました。「天井」からの「水滴」が黴臭さを運び、それが「無音」が故の「激情」を煽るのです。すでに「劇場」は開かれ、屋根裏での「取調」は始まっている。「通路」の「扉」を開けてはいけない、怪力の「番人」が待っていると、バローの「動揺」が伝わって来ました。カフカの「審判」での「演技」と「興奮」が蘇って来たのです。

d0078609_18235356.jpg



by artbears | 2019-01-30 18:25 | 連白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧