夢博士の独白



<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


楽観的微笑と刹那的苦笑、無法の大地又は分断される世界、可能性の痩地に舞う綿帽子

 それは「根拠」の無い楽観主義だと皮肉な「微笑」を浮かべて、それは「苦痛」を避ける刹那主義だと皮相な「苦笑」を漏らしたのは、他ならぬ「私」だと言うのです。タクシーのフロントガラスには、狡猾な犬のような「顔」が映っていました。ところが、犬のように見えた「運転手」が突然、犬となって唸り始めたのです。剥き出しになった白い「犬歯」が光る。「恐怖」が知らぬ間に「私」の隣に座って居る。この「夢」から逃げ出さなければ、しかし「夢」は「私」を掴んで放さない。 
 二台のタクシーに分乗したはずでした。それは、「空港」の近くでの出来事だったのです。「商談」までの「時間」は無かった。その「証拠」を見せたかったのか、「車窓」から視える「飛行機」は離陸体勢に入っていたのです。もう一度、「記憶」を遡って見よう。もう一度、「夢」を追い掛けて見よう。数人の男女の「顔」が浮かびました。でも、一人として犬のような「顔」は見当たらない。よく観ると、同じ白い「顔」にしか見えない。 
 「車窓」から観える「風景」には見覚えがあると、共犯者然とした両隣りの男女が「手話」を交わしている。「私」は後部座席の「中央」に座って居たのです。沈黙の「会話」は、お互いの「腹」の中を探り合いながらも、結論としては何も残すことは無かった。有無を言わさない、焼き尽くされた「大地」だけが、人々の「腹」の中にも拡がっている。滑走路からは無人の「飛行機」が次々と離着陸を繰り返していたのです。 
 無法の滑走路を、それは無人の「大地」でも在るのだが、二人の「男」と一人の「女」が必死の「形相」でタクシーと横走していたのです。二人の男女が後部座席に飛び乗った。一人の「男」の苦しそうな「顔」が後方で視える。その「顔」が私なのだろうか、私の「顔」なのだろうか。それは、遠い「苦悩」のようにして、消えて行くのが見える。 
 誰かが左側の「扉」を開けたのは間違いなかったのです。それは、神による「啓示」なのだろうか、紙による「掲示」なのだろうか。息詰まる「愚問」が続く。その時、「好的(もういい)」という「言葉」が聞き取れたのだが、その「意味」が解らなかったのです。「私」はもう一つの「座席」を空けようとして、「車」から転げ落ちたのだろうか、それとも単純に生存競争に負けたのだろうか。「脱落」は始めから決まっていたのかもしれない。 
 タクシーの「後姿」が次第に消えて行くのが観えました。私はもう一人の「私」と「顔」を見合わせて、思わず無言の「溜息」を交わしたのです。後部座席は「指定席」では無かった。取り残された「感覚」、それは絶望感でもなく、消失感でもない。豊かな国と貧しい国の内外で、「富」の偏在と反転が起きている。中国による「世界」の分断が始まっている。 
 無人の「大地」には「雑草」が繁茂していました。しかしよく観ると、「綿毛」に覆われた「種子」の綿帽子が、無数に撒き散らされて舞う「光景」が拡がっていたのです。「雑草」の生き残りの「戦略」が透けて見えて来たのです。どれかの「種子」がどこかの「場所」を見付けて、生き永らえる「可能性」が残されているのです。踏み付けられてこそ、諦めてはいけない。豊かな「大地」はどこかに在るはずなのです。
d0078609_18362744.jpg

[PR]
by artbears | 2018-04-30 18:19 | 連白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧