夢博士の独白



カテゴリ:連白( 56 )


夢の中の存在と不透明な本質、螺旋的展開の進化又は退化、審判と自由に対する無力感

 これからは「雄猫」はバローと呼ぶことにしよう。私は「夢」の中の「私」に、そう言い聞かせたのです。ところが、「手」と「足」ですら覚束無い「私」からは、「発声」と「発音」という「機能」は奪われている。「発念」するしかない。「時計」の如く「本質」が「存在」に先立つものでもなければ、後ろに見えるものでもない。私は「夢」の中で呼び掛けました。振り向いたのは、バローに違いないと「私」に言い聞かせたのです。

 兎に角、「脱兎」の如く「状況」は慌しく「変化」していたのです。何人かの「店員」の冷やかな「視線」が「鋭角」に突き刺さる。「私」はバローを持ち帰る「箱」を作っている。段ボールを「点線」に従って切り抜いては、横を見遣ると、バローが巨大化していたのです。一回り大きな「箱」を造らなくてはならない。その「儀式」を繰り返すことによって、私達は「心」を通わせることができると、刹那に感じたのです。幸せな「一瞬」も在る、それが「夢」の「本質」を切り取っているのかもしれない。

 段ボールは直ぐに「底」を突きました。その四角の「底」を通して、バローの悲しげな「顔」が見えたのです。急がなくてはならない。一刻の「猶予」も儘ならない。新幹線は「定刻」の「発車」を自己目的としている。「本質」は「存在」の先を走っている。

 エレベーターが最適の「箱」となって、「定刻」に上昇して来ました。私はバローに「告白」しなければならない。密室への「恐怖」を打ち明けなければならない。ところが、「扉」が勿体ぶって開くと、無数の玩具の「空箱」が閉じ込められていたのです。もちろん、新幹線の「箱」も空っぽでした。我々の「空間」は無いが、「空席」は在るかもしれない。

 次の「選択肢」は限られていましたが、我々は非常口からの螺旋階段の「存在」を予見したのです。恐らく、それが未来からの「記憶」と呼べるものでしょう。螺旋状の「階段」を上から視ると、クルクルと回転しながら、元の「位置」に戻っているように見えるのです。ところが、横から視ると、事物が螺旋的に発展する「進化」の「過程」のように見えると言うのです。私の「知識」が、「夢」の中の「私」とバローを観ていたのです。彼等は「階段」を降りることで、「退化」の「過程」を歩もうとしていたのです。

「階段」を降りながら、「半身」になって振り返ると、「私」とバローの「位置」が逆になっていたのです。抱き抱えていたはずのバローは等身大となって、しかも二足歩行で「階段」を下っていたのです。周りはと言うと、宇宙のような「暗闇」が拡がっていました。不意を突くようにして、不気味な「肺魚」が巨大な「口」を開けて現れて、テレビの「残像」のようにして消えて行くのです。

カラーンと「空虚」が溢れ出るかの「静寂」が響いて、螺旋階段が地下の「通路」に導かれたことを報せました。「天井」からの「水滴」が黴臭さを運び、それが「無音」が故の「激情」を煽るのです。すでに「劇場」は開かれ、屋根裏での「取調」は始まっている。「通路」の「扉」を開けてはいけない、怪力の「番人」が待っていると、バローの「動揺」が伝わって来ました。カフカの「審判」での「演技」と「興奮」が蘇って来たのです。

d0078609_18235356.jpg



by artbears | 2019-01-30 18:25 | 連白

夢の予定調和と神の不在、孤独と自由又は身体と感情の関係、聞き間違えた作家の名前

 その「雄猫」の名前がモリエールと「発音」することは、長引いた「風邪」の噂で聞いたことだと、白子を装う「雌猫」は毛繕いをしながら媚を売るのです。ザラザラとした「舌下」が「舌禍」を生むことは「目」に見えていました。赤い「目」が流れ星のように光を放ち、流し目とアルビノとの「関係性」も妖しいことは間違いない。その「虚偽」は、虹彩認証システムを経るまでもなく明らかでした。 
 とどのつまりは、私は二匹の「白猫」と連れ添って「九州」に帰ることになっていたのです。ところが、予定調和の「禁」は時として犯されて、「夢」は勝手気儘に「始動」する。「秩序」は自由気儘に崩壊する。その「指導」は神に代わって誰が成すのか。
 二匹の「白猫」は独立した「個体」を装いながらも、どこかで非物質的に結ばれている。不可分の「実体」としての「表象」と「出現」を欲している。ところが「夢」はと言うと、このモナド的な「秩序」を宙づりにしたまま、予定調和を顧みることはない。神の「不在」は疑いようがなかったのです。
 新幹線の「時間」は刻々と迫っていたのです。雌雄どちらの「白猫」を選べば良いのだろうか。モリエールは独り者の「悲哀」を感じさせるが、「孤独」で在ることの「自由」が薫り発っていたのです。私の「結論」は初めから決まっていました。例え、それが「夢」の中で在っても、一つの「性」を選択すること自体の「不自由」を拭い去ることはできなかったのです。
 仮に二つ目の「理由」を「言葉」に置き換えるならば、「身体」に付着している「感情」を「犯人」に仕立て上げるしかない。とにかく彼は「端正」に欠けて、「愛嬌」も無い。同情、憐憫、哀惜などの「感情」が、私の「視界」を曇り空に変えてしまう。斯くの如く、私の「逡巡」には格別の「意味」は無かったのだが、結果として、引き取り手のいなくなったモリエールは、私との「運命」の同伴を余儀なくされることになったのです。
 そうこうしていると、「店員」が慌ただしくなる。なぜか不機嫌で「愛想」が無くなる。しだいに「人相」まで悪くなる。それが遅れ馳せながら、デパートの「閉店」が迫っている「合図」だったと知ったのです。新幹線の「予約」も変更しなければならない。スマホの「画面」を見ると、無数の「未読」のメールが届いていたのです。 
 虹彩認証を求めてくる。六桁の暗証番号で切り抜ける「奇策」を思い付く。ところが、スマホの「画面」の向こうに謹厳実直なる裁判官の「顔」」が見えたのです。モリエールとの「関係」が執拗に問われるに違いない。彼の「鞄の悪巧み」には「喜劇性」はあるが、バローの「演技」には、一つの「性」を超えた「自由」と「悲劇性」が認められたのです。
 だからと言って、あの「雌猫」がルノーの生まれ変わりとは思いたくなかったのです。彼女の中性的な「肉体」と上品で高貴な「精神」は、モリエールの「人間嫌い」の中で、彼女の「演技」を通して、「認証」された「事実」でした。私は事もあろうことか、「作家」と「役者」を間違えていたのです。「雄猫」の名前はバローと「発音」すべきだったのです。
d0078609_16525087.jpg

by artbears | 2018-12-28 16:59 | 連白

夢を駆ける車とクロムの心臓、悪魔と手渡された私の欲望、精神又は意味に対する感覚

 二回目の「夢」に戻ろうとするのだが、眠れない、帰れない、還れない。やきもきする「私」に嫌気が差してくる。鈍く沸き立つ「西陽」のようにして刺し込んでくる、その「感覚」にイライラとすることがある。「左目」が痛い、白いサングラスを掛けなければいけない。「左眼」がとても痛い、黒いサングラスを探さなければいけない。とにかく、あの「暗闇」のような「鞄」を開かなければ、埒が明かない。 
 気を取り戻して、もう一度「記憶」を手繰り寄せると、白いポルシェが目の奥に映ったのです。一瞬の出来事ではあるが、何枚かの「映像」が「脳裏」を走ったのです。美しいが気怠い、真っ赤な「血液」が「鼓動」となって響く。クロムの「心臓」は永遠の「時」を刻んでいる。それは、私の「夢」を盗んだ「車」から聴こえてくる。 
 白いカイマンは「夢」の中を翔けて行く。それは「優雅」に疾走していました。遥か彼方の手の届かない「空間」を駆けて行く。それは「華麗」に疾走していました。遠く隔たったものに対する根元的な「感覚」と「感性」が揺さぶられる。その「感覚」が「悪魔」を目覚めさせる「時」もある。それは、特定の「対象」へのフェテシズムではない。無限なる「対象」が有限なる「私」を超えて存在する、そのことへの「予感」と「期待」が満ち溢れてくるのです。ところが、事も在ろうことか、クロムの「心臓」は「悪魔」に手渡されようとしていたのです。「夢」の中の「私」は、私の「欲望」を目撃してしまったのです。 
 「悪」のなんと凡庸で月並なことか、それは至るところに根を張る「植物」ように繁茂している。動くことの「恐怖」と動かないことの「畏怖」の「感情」が、私の「夢」の中で混ざり合って見える。抵抗の「余地」など無い。受難の「予知」など無い。自然のシステムとして、私の「内部」に蔓延る「悪」を排除することはできない。 
 私の「意識」は、置き去りにされた屋上の「駐車場」に戻りました。すると、「悪魔」のように細心に用心深く、「私」は周りを見渡していたのです。一体全体、誰が「私」を見ているのだろうか。私の「意識」が、「私」との「関係」を観ているようにも見える。私の「存在」の意味の「痕跡」を探しているようにも見える。 
 「私」は、私の「車」を探していたのです。手当たり次第に「扉」を開けるが、様々な「植物」が現れては、静かな「吐息」を付いて枯れて行く。穏かな「溜息」を吐いて消えて行く。その「場所」は決まって後部座席に在りました。助手席には誰かが座っているが、「後姿」しか視えない。誰かの「噂話」しか聞えない。 
 私の「記憶」が正しければ、トニーの運転で、ジェニファーが後部座席に座っていたのです。ならば、助手席の「後姿」は「私」なのだろうか、何の「根拠」も無い「仮説」が浮かびました。この「夢」のアルゴリズムは「示唆」に富んだものでした。私の「意識」は後部座席に在って、助手席の「私」を観ているという「関係」が成り立ったのです。 
 私の「意識」は「暗闇」の中にポツンと残されていて、クロムの「心臓」のように「孤独」を数えている。抱き抱えられた「鞄」の中に在って、気晴らしの「夢」を見ている。
d0078609_17303072.jpg

by artbears | 2018-11-24 17:33 | 連白

夢を見ることの虚構の意味、夢遊病者としての孤独と不安、盗まれた車又は失われた私

 息を潜めて、恐る恐る「呼吸」を試みると、それは意外と案外なことに驚かされました。そもそも「夢」の中の「私」は、息を止めているのだろうか。息を殺してこそ、「夢」は見えてくるのかもしれない。私は大きく息を吸い込んで、「夢」との「記憶」に潜り込むことにしたのです。 
 一回目の「夢」に戻ると、あの「夢」を支える「物語」が繰り返されていました。私は「車」を盗まれたという「虚構」を見ていたのです。その「虚構」が「夢」に意味を与えているに違いない。その「虚構」を読み解かなくてはいけない。 
 私は深刻な「不眠症」に見舞われていました。「病室」にはメタリックな「風船」が浮かんでいて、新たな「風船」にヘリウムが注入されようとしている。「存在」は過剰で、「暴発」は間近でした。その時、「耳」を塞いで、「目」を閉じなくてはいけない。ところが、「私」はと言うと、眠れないのか眠らないのか、私自身の「秘密」を「医者」に知られたくないのか、黙って「病室」を抜け出して、急いで「階段」を降りていたのです。 
 ソプラノズへの「扉」を開けると、「映像」にも在った地下の「駐車場」が現われて来ました。広くもなく狭くもない「空間」には、「現代」の夢遊病者が集まっていたのです。過去の「移民」は現在の「住民」となるが、その本質的な「孤独」と「不安」には変わりはない。私は単なる夢遊病者なのだろうか、それとも自己同一性を失った「難民」なのだろうか。或いは、「車」を停めた「場所」を忘れただけなのかもしれない。 
 息を速めて、怖る怖る「呼吸」を深めると、それは意外と存外なことを招き寄せました。一息ついて一瞥すると、「私」の隣に太った「男」が泰然自若として座っている。偶然に知り合った「男」が余裕綽々として運転している。「私」はと言うと、大きな「鞄」を大事そうに抱えて、助手席で小さくなっていたのです。なぜかシートベルトは外されていました。
 その「男」はトニーと名乗って、プールに住み着いた「野鴨」が、何の前触れも無く飛び立ったことを嘆くのです。その素っ気無さが、気紛れで気晴らしだけの「人生」を象徴していると涙ぐむのです。彼の突然の「変化」は驚きをもって迎え入れられました。彼も「車」をどこかに置き忘れたのかもしれない。或いは、誰かに盗まれたのかもしれない。 
 その「女」はジェニファーと名乗って、「車」の後部座席で「足」を組んで座っていたのです。上に組まれた「右足」はとてもチャーミングで、彼女の慎重で主知主義的な「性格」を表わしていました。「心」は決して開かないが、「両足」が無意識に開いて行く、防御の「姿勢」が緩んで行く。その時、「左足」はとてもセクシーな「役割」を果たしたのです。 
 三人を乗せた「車」は螺旋状に上昇する「坂道」を登って、「屋上」を目指しました。何層にも重なる「駐車場」のどこを探しても、私の「車」を見付けることはできない。上層階に行くに従って、「車」は朽果てて忘れられた「物」へと変質する。私は「車」から降ろされました。走り去る「車」のナンバープレートは見覚えのある「番号」でした。それは、私の生れた年の「数字」でした。盗まれたのは、「私」なのかもしれない。
d0078609_19484594.jpg

by artbears | 2018-10-31 19:51 | 連白

盗まれた車と美しい獣の夢、曖昧な記憶と記録された戦争、肥大化する球体と歪んだ顔

 一回目の「車」を盗まれた「夢」は、二回目の「夢」を盗んだ「車」よりも、遥かに鮮やかに蘇って来たのです。「建物」を取り囲むように併設された「駐車場」は、多層構造になっていて、それは、「建物」に寄生する「植物」のようにして、増殖する「悪意」を顕わにしていたのです。  
 私は「夢」の中の「車」を探すが、もちろん「夢」のような「車」など在ろうはずがない。ところが、私が三回目の「夢」に魅入ってしまったのか、遠くに「車」がボンヤリと視えて来たのです。それは、美しい「野獣」のように観えました。妖艶で妖麗で甘く切ない「気配」が漂う。その「気配」が忍び足となって、「音」も発てずにクスクスと、その「微笑」だけがポタポタと零れ落ちて行く。それは、虹色のガソリンの「揮発性」を仄めかしていたのです。  
 一方通行の「坂道」を駆け上がろうとするが、滑り落ちようとする「力」が働く。「私」と「車輪」が空回りを始めたのです。赤ランプの「警告」を無視はできない。抵抗勢力は殲滅せよとの「教皇」の御告げが、虚しく「枯葉」となって舞い落ちるが、誰も敢えて拾おうとはしない。誰も「接触」を試みようとはしない。「左」に回転する「坂道」を、ハンドルは無意識に「右」に切られようとしている。  
 「視界」が「外」に向かって拡がりを始めました。「駐車場」にも「難民」が押し寄せて来るに違いない。錆び付いた「鉄骨」で型取りされた「窓枠」には、忘れられた「戦争画」が荒々しい「筆触」で描かれ、立ち昇る「戦火」は一瞬で燃え上がっては、一瞬で消えて行く。火達磨となった「戦闘機」は重力で墜ちて行く。赤茶けた「駆逐艦」は自重で沈んで行く。そのとき初めて、運転している「私」に気付いたのです。「車」を盗んだのは、他ならぬ「私」でした。  
 赤い「野獣」のように、紅い「疾風」のようにして、駆け抜けて行こうとする「難民」の「夢」を、「車」は奪い取ろうとしている。彼等の「夢」を盗んだ「車」を、「私」は平然と、素知らぬ「顔」で運転している。そもそも「駐車場」は「屋上」に存在していたのだろうか。「記憶」はとても曖昧でした。それは、「戦争画」のように「記録」されることを、拒み続けて来たのです。  
 まるで「歩兵」のように、指揮系統から逸脱した「敗残兵」のようにして、徒歩の「私」は「屋上」を目指していました。私が「車」を何処かに乗り捨てたのか、それとも誰かに置き去りにされたのか、その「謎」は、「夢」の中で、あの深く暗い「霧」のような「世界」で、決められたに違いない。  
 「屋上」に再び呼び戻されると、今度は「中東」の疲れ切った「青空」が拡がり、あのゴム状の「球体」が肥大化していたのです。それは、「私」を押し潰すように巨大化する。「画家」と「医者」はすでに呑み込まれていました。彼等は「球体」の内部に視えるのだが、私との「境界」は「被膜」で塞がれ、息の出来ない「顔」が歪んで見えたのです。
d0078609_12264842.jpg

by artbears | 2018-09-30 12:31 | 連白

前後の扉と対象としての画家、根拠の無い憶測と言葉の真実、意味の生成と対象の解放

 それは「扉」の前に立つ「画家」のはずでした。消毒済みの「病室」は開け放たれていたとの「仮説」は成り立つ。それは「医者」なのか「患者」なのか、いや「病人」と呼ぶべきなのかもしれない。とにかく二人は病んで見えたのです。二重に視えたのです。その「背景」をもってして、その「対象」は現れて来ようとしていたのです。 
 絵描きが自らを「画家」と語り始めて、その「出自」が呼び戻されて、それまで曖昧に視えていた「対象」が一歩前進する。「背景」が一歩後退する。それは「扉」の後に立つ一人の「画家」でした。「画家」に間違いないという「言葉」が、私の「脳内」から力強く聞えて来たのです。もちろん前後の「脈絡」も無く、何の「根拠」も無い「憶測」に過ぎないのだが、それが「真実」であることの「偶然」は、いつでもどこでも起り得ることなのです。
 それは「私」が「顔」を洗おうと思い立ったからでした。「部屋」という「存在」が無性に気になり始めたのです。小さな「部屋」に入る、大きな「部屋」から出る、その逆も又然り。「世界」には無数の「部屋」が在って、私は出たり入ったりを繰り返している。「領域」を移動して、「現象」と立会う。「意味」を探索して、「他者」と出会う。「顔」を洗い変えたいという「願望」が、「画家」を「病室」の前後に立たせたのかもしれない。
 そこは「扉」が無数に在る「病院」のはずでした。「病院」の内部に「病室」が存在する。その逆は起り得ないのだろうか。私は覚え切れない「扉」を次々と開けて進みました。大きな「病室」に入る、小さな「病室」から出る、その度に、様々な「言葉」と「気配」が纏わり付いては、「私」を離さない。話せと言っては、「私」を放さない。振り返ると、「画家」の「足音」が遠くに響いていたのです。その「足音」を注意深く聴くことによって、その「対象」は視えて来るはずでした。
 私は「階段」を登らなければならない。一段三段と「奇数」を踏み外してはならない。屋上への最後の「扉」を開けると、誰かの隠れ家のような「小屋」が建ち現れました。半開きになった「扉」を明けると、何かの「象徴」のようにして、六羽の「白鳩」が飛び発ちました。「偶数」は偶然なのだろうか。それは美しい「円」を描いて、頭上で「旋回」を始めたのです。その「光景」は、まるで解き放たれた「対象」のようにも見えたのです。
 私は見上げているが、見下されているとも言える。私が視ていると「同時」に視られている「存在」とも言える。私を相対化しても、絶対的な「認識」には辿り着けない。果たして、総体としての「世界」は存在しているのだろうか。
 私は「画家」と対面しなければならない。ところが、思い切って「部屋」に入るや否や、屋上の「小屋」は消えて無くなったのです。東西南北には、同じような「病院」が建ち並び、屋上には大小の「小屋」が見えました。三人の「私」も見えました。そのうちの一人から、弾力のあるゴム状の「球体」が投げ込まれたのです。その「球体」を掴もうとするが、それは生き物のように跳ねて、別の「病院」へと移動を繰り返し始めたのです。
d0078609_19202463.jpg


by artbears | 2018-08-31 19:23 | 連白

一つの太陽と複数の馬と無数の私、光り輝くが存在しない世界、絵画に宿る知性と意味

 複数の「馬」が、私の「脳内」で疾走する「光景」が見えてくることがある。「脳内」に在って、入れ子細工のようにして、同形の無数の「空間」が現れてくることがある。その対象となる「領域」のなかには、もう一つの「領域」が在って、それが無限に繰り返されているのです。そして、一つひとつの「領域」のなかには、一人の「私」が居て、その「私」は決して「全体」を見渡すことはできない。そもそも「全体」は存在していない。 
 複数の「馬」の存在を感じながらも、おもむろに「接近」を試みると、一頭の「馬」としか出会えない。物憂げな「顔」、涙に溺れかけた「瞳」が、私を貫いてくる。気が付くと、私の「意識」は、別の「領域」に移動して、それは空ろに流動している。総体としての「馬」は現れてくるが、実体としての「馬」は、個々にしか存在していない。「概念」としての「馬」は、浮足立って弱々しく、空虚な「集団」にしか見えない。 
 私は「青空」を見上げました。その先の広大無辺の「宇宙」を想ったのです。その「宇宙」は、私の「脳内」にも「観念」として存在している。その「世界」のなかでは、唯一の「宇宙」も複数の「馬」も、無数の「私」さえもが、さまざまな生々流転の「現象」として表れては消えている。私の「世界」は、奇妙に明るい「無知」に包まれている。 
 「四阿」から抜け出した「私」の前途では、「世界」は向こう側から開かれて来たのです。私の歩む「道々」では、「草々」は新緑に萌え、「花々」は咲き綻び、「星々」は輝きを放ち、私は創造の「歓喜」に満たされて行くのです。傍らの「水辺」を見遣ると、初めての「白夜」のようにして、一輪の「白百合」が、外なる「光」を求めて咲いている。かくの如くして、無数の「世界」は「光」に満ち溢れ、それは眩しく、同時に視ることはできない。 
 失われた「過去」について、想いを馳せることになったのは、あの鮮烈な「光」の「記憶」が蘇ったからかもしれない。それが「夢」の外で起きたのか、「夢」の内で起きたのか、今となっては知る由も無い。「網膜」は易々と射抜かれた。そして、あのように長くて熱い「夏至」と「午後」は、もはや訪れることは無かったのです。  
 あのとき、遠くの隔たりの「光」と対峙していた「私」は、一枚の「絵画」に魅せられたのです。その「絵画」は何かを問い掛け、何かの理解を求めていたが、なによりも「知性」の「光」を宿していた。謎めいた「意味」の存在を表現していた。いつの日か、祝福されることの「歓喜」と「自由」を待っていたのです。
 あのとき、私が見ていた「事物」の大半は消滅しているに違いない。「物質」と「現象」は再び蘇って「再現」されることは無い。それらは辛うじて、夢幻の「世界」において、私の視ていた「世界」の「断片」を垣間見せてくれるに過ぎない。 
 あらゆる「記憶」が「洪水」となって、一度に押し寄せてくることがある。灼熱の「太陽」を「凝視」していると、さまざまな「幻覚」が「白壁」に映し出されてくることがある。そのとき、私の「過去」が対峙したことの「意味」が写されるのです。それは、動植物の「形象」となって、私の「夢」のなかの「個性」となって、生き永らえているのです。
d0078609_19354623.jpg

by artbears | 2018-07-31 19:39 | 連白

言葉と創造又は想像と戯言、半島に住む狂人と深奥に宿る狂気、世界と不可逆的な終末


 意地が悪いほどに透き通った「湖水」では、手漕ぎの「舟歌」が聞こえてくるという「噂」が波立っていたのです。その「噂話」が波紋となる。船酔いの「予感」となる。私の「湖面」を覗き込むように映る「横顔」が揺らいで、みすぼらしい犬のように見えてくるのは、何故なのか、何処なのか。根も葉もないルモア、ウソを紛れ込ませた「噂話」に惑わされてはいけない。 
 その「舟歌」とは、カワウソは「川」で「嘘」をつくと言うものでした。それは、「言葉」による「創造」なのか、それとも「想像」による「戯言」なのか、とにかく私の「夢」は取り留めが無かった。取り付く「島」は無いのだが、フェイクの「島」は視えてくる。辛うじて、一筋の「脈略」が遺されているのだが、やがて、細々と消えて行く。 
 そもそも、「湖水」の中に「島」が浮かんでいるのが、不可解なのです。カワウソが「湖水」に生息しているのが、不自然なのです。加えて、「島」が「半島」へと変わろうとしている。それは、いつもの「夢」のパターンなのだが、誰の「欲望」なのかが判らない。
 その「欲望」が、抽象的な「概念」となって、不可逆的に「半島」を視覚化しているに違いない。私は「嘘」の塊となって、「狂人」が住む「半島」に泳いで行こうとしている。私の「心」の奥底に眠る「狂気」、真っ赤な「嘘」のように堂々とした「狂人」、そこは、逃げ込むべき最後の「場所」なのかもしれない。
 「湖畔」と「黒猫」の瞳のような「満月」を忘れてはいけない。それは「夢」の中で、置き去りにされた「記憶」のようにして、狂おしく咲いていたのです。孤独をなぞる「山道」は、大きく右に「円弧」を描きながら、ひたすら「半島」を目指していたのです。二人の「私」は、期せずして「半島」で出会うこととなるのです。
 「四阿」を囲むようにして、春夏秋冬の「花」が咲き乱れていました。四人の「医者」が交代々々で、「詩」を朗読していたのです。私の「順番」が回ってくる。私は「医者」ではない。私は「狂歌」しか詠めないと言えばいい、もう一人の「私」の「助言」に耳を傾けました。ところが、三人目の「医者」は、私を見下すかの「視線」を向けて、「詩」が読めないならば、「死」を選べと脅したのです。
 私は狼狽しました。その「私」を嘲笑うかのようにして、「桜吹雪」が一斉に吹き抜けました。ところが、四人目の「医者」は、私を「四阿」に誘い込むようにして、亜麻色の鞄から「注射針」を取り出したのです。そして、「死」を拒むならば、私の胸に「恋」を打とうと言うのです。私の胸元は開かれて、左の「乳首」が桜色に染まっているのが見えたのです。
 何と言う、おぞましい「光景」なのだろう。私の「内面」で何かが壊れている。「秩序」の「崩壊」が、まるで軍隊の「靴音」のように響いている。そして、「世界」を観るがいい。「狂気」が「桜吹雪」となって、吹き荒れようとしているではないか。私はもう一度、「四阿」を振り返りました。誰も居ない。跡形も無く消えている。ニヒリズムの「自覚」だけが残されている。「季節」は巡り廻ることを止めて、不可逆的な「終末」に向かっている。
d0078609_13403097.jpg

by artbears | 2018-06-24 13:47 | 連白

無意識の残酷な意思決定、濃密なる他者としての黒猫、湖面に映る満月の在り方と自由

 青い「靴音」が盗まれるというシナリオには、紅いiPhoneが錆色に変わるという「予言」とも盗れる「筋書」は削除されていたのです。「靴音」が雨垂れとなって「脳内」で響く、犬の鳴き声のようにして、「耳」をソソクサと触る。私のiPhoneが「雨音」に錆び付いて見えるのです。拾わなければ、忘れてしまう。沈んでしまう。意思決定は「無意識」に大きく影響を受けると、フロイトは「予言」しました。それは、コペルニクス的な「展開」であって、ダーウィン的な「進化」とも言えるのです。     
 それにしても、犬たちが物欲しそうに、「首」を折り畳んで見上げている。泣き出しそうな「顔」が、喜びに満ちた「尻尾」に振り回されている。彼等はただの犬、途方に暮れた野良犬だと、もう一人の「私」が耳元で囁きました。彼等を、この「塔」の上まで誘き寄せて、この「塔」の上から突き落とす。そして、深紅の「薔薇」の花束を「鞭」として撃つべし、と唆すのは誰なのか。意思決定は意識的ではないが、私の「無意識」のなんと残酷で残忍なことか。 
 それは猫のようにして、唐突に現れる「亀裂」のようにして、その隔絶の「予感」は日常性に紛れ込んでいたのです。親密で在るが故に、遠くから見詰める「他者」、私の「内面」を映し出す「鏡面」、目を逸らしてはいけない、何を見ているのかを考えなければいけない。恐らくそこには、犬のような「命令」と「服従」の関係性はない。猫のような「自由」は、しなやかに身を転じて、私に「苦悩」と「矛盾」と「欺瞞」を置き去りにして行く。 
 猫のようになって、「夢」の中を放浪することがある。「絶望」と「希望」を交換して、手の内を明かすと、決まってiPhoneが小さく見えるのです。相対的にゲームのアプリは大きくて、基本的に「画面」に収まり切らない。遠くの「塔」が食み出して観えて、近くの着信音がブルブルと「消音」となって震えていたのです。 
 砂利道では、土砂降りとなった「雨音」が落ちていました。どこかの「異国」のホテルの「扉」の前で、「鍵」の番号が1010と思い出せたのは、全く幸運なことでした。私の「英語」が聞き取れないと言うが、「仏語」は知る由も無い。犬のようにビショ濡れになった「私」を尻目に、「扉」は内側から施錠が解かれて、白い「足首」に纏わり付いた「黒猫」は労いの「媚」を売っていたのです。フロントまで歩かなければいけない。受付の「不信」を顕わにした複数の「眼球」が、私の「水滴」を非難しているのが見えたのです。 
 そんな時、足元の「黒猫」が、暗闇の中の「自由」を語ろうと擦り寄って来ました。聞き耳は立てるが、「薔薇」の花束など見向きもしない、考えろという素振りが素っ気無い。私は酔っていたのか、飲酒運転を避けるために「車」を乗り捨てて、タクシーを拾ったことを思い出したのです。その意思決定は、極めて意識的でした。
 右側には「湖畔」があり、左側の「岩肌」に沿って湾曲する「山道」は段々と狭くなる。心細くなる。円形の「湖面」には、「黒猫」の瞳のような「満月」が映り込んでいる。「自由」への抜け道がどこかに在って、「黒猫」はどこかで待っているに違いなかったのです。
d0078609_18134049.jpg

by artbears | 2018-05-29 18:16 | 連白

楽観的微笑と刹那的苦笑、無法の大地又は分断される世界、可能性の痩地に舞う綿帽子

 それは「根拠」の無い楽観主義だと皮肉な「微笑」を浮かべて、それは「苦痛」を避ける刹那主義だと皮相な「苦笑」を漏らしたのは、他ならぬ「私」だと言うのです。タクシーのフロントガラスには、狡猾な犬のような「顔」が映っていました。ところが、犬のように見えた「運転手」が突然、犬となって唸り始めたのです。剥き出しになった白い「犬歯」が光る。「恐怖」が知らぬ間に「私」の隣に座って居る。この「夢」から逃げ出さなければ、しかし「夢」は「私」を掴んで放さない。 
 二台のタクシーに分乗したはずでした。それは、「空港」の近くでの出来事だったのです。「商談」までの「時間」は無かった。その「証拠」を見せたかったのか、「車窓」から視える「飛行機」は離陸体勢に入っていたのです。もう一度、「記憶」を遡って見よう。もう一度、「夢」を追い掛けて見よう。数人の男女の「顔」が浮かびました。でも、一人として犬のような「顔」は見当たらない。よく観ると、同じ白い「顔」にしか見えない。 
 「車窓」から観える「風景」には見覚えがあると、共犯者然とした両隣りの男女が「手話」を交わしている。「私」は後部座席の「中央」に座って居たのです。沈黙の「会話」は、お互いの「腹」の中を探り合いながらも、結論としては何も残すことは無かった。有無を言わさない、焼き尽くされた「大地」だけが、人々の「腹」の中にも拡がっている。滑走路からは無人の「飛行機」が次々と離着陸を繰り返していたのです。 
 無法の滑走路を、それは無人の「大地」でも在るのだが、二人の「男」と一人の「女」が必死の「形相」でタクシーと横走していたのです。二人の男女が後部座席に飛び乗った。一人の「男」の苦しそうな「顔」が後方で視える。その「顔」が私なのだろうか、私の「顔」なのだろうか。それは、遠い「苦悩」のようにして、消えて行くのが見える。 
 誰かが左側の「扉」を開けたのは間違いなかったのです。それは、神による「啓示」なのだろうか、紙による「掲示」なのだろうか。息詰まる「愚問」が続く。その時、「好的(もういい)」という「言葉」が聞き取れたのだが、その「意味」が解らなかったのです。「私」はもう一つの「座席」を空けようとして、「車」から転げ落ちたのだろうか、それとも単純に生存競争に負けたのだろうか。「脱落」は始めから決まっていたのかもしれない。 
 タクシーの「後姿」が次第に消えて行くのが観えました。私はもう一人の「私」と「顔」を見合わせて、思わず無言の「溜息」を交わしたのです。後部座席は「指定席」では無かった。取り残された「感覚」、それは絶望感でもなく、消失感でもない。豊かな国と貧しい国の内外で、「富」の偏在と反転が起きている。中国による「世界」の分断が始まっている。 
 無人の「大地」には「雑草」が繁茂していました。しかしよく観ると、「綿毛」に覆われた「種子」の綿帽子が、無数に撒き散らされて舞う「光景」が拡がっていたのです。「雑草」の生き残りの「戦略」が透けて見えて来たのです。どれかの「種子」がどこかの「場所」を見付けて、生き永らえる「可能性」が残されているのです。踏み付けられてこそ、諦めてはいけない。豊かな「大地」はどこかに在るはずなのです。
d0078609_18362744.jpg

by artbears | 2018-04-30 18:19 | 連白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧