夢博士の独白



脳内で響くデジタルな音楽、消されたクオリアとノイズ、蛇に見える轍と瑠璃色の薔薇

 自転車が自動車に変わっている。窮屈で退屈な運転席に閉じ込められている。「私」の両腕は両翼に変わっている。その「翼」を広げて閉じる、その基本的な「自由」が奪われていたのです。デジタルへの「恐怖」が「身体」を強張らせて、誰かからの「情報」を待っていたのかもしれない。自動車は一体全体、私を何処に連れて行こうとしているのだろうか。
 「意識」は二重の「扉」で閉じ込められている。その「現実」を「感覚」はリアルに捉えてはいるが、そのことを「意識」は認めようとはしない。暫くすると、溶ろけるような「誘惑」が向こう側から訪れるのです。その「誘惑」が「私」を深い眠りへと引き込むのです。暫くすると、もう一人の「私」が向こう側から戻ってくる。「夢」の中の「私」は一体全体、何処に行っていたのだろうか。
 自動車は自動で動く、「密室」となって移動する。そのことの身体的な「意味」が分からない。その「恐怖」の「感情」を増幅させたのは、何処かから聞えてくる「音楽」でした。その「音楽」は粒々のデジタルな「音」に分解されていたのです。それらのゼロと一からなる「音」を再び集めると、永遠なる「音源」が再現できるという「幻想」が視えて来たのです。
 そこでは、クオリアもノイズと一緒に「排除」されている。諸行無常でない「世界」が創られている。そこには、「死」を暗示する「暗闇」が視えない。「情報」としての「音楽」しか聞えない。「音楽」は「身体」を通り抜けて行く。
 表の「意識」には連続性と秩序が、裏の「意識」には非連続性と無秩序があると、「紐」のように見える「蛇」は賢者となって語る。そのカオスとランダムが支配する裏の「世界」で、身を捩じらす「蛇」のようなクネクネの「轍」が視えて来たのです。私の「車輪」はドロドロのぬかるみに足を取られている。四輪車は二輪車となって、「私」の両足は両輪に変わっていたのです。
 この先行する「轍」に「命運」を託してはいけない。さもなければ、自転車はバランスを失ってしまう。自動車ならば低速ギアに落とすべきだが、自転車ならば三人乗りが望ましい。「夢」の中では、願えば「夢」が叶うのです。ハンドルは右に切られて、私達は砂砂利の「道」に乗り上げることができました。もちろん、「蛇」の「力」は借りずにでした。
 暫く道なりに走ると、左側の難民キャンプと右側の異邦人の「花屋」が視えて来ました。トルコ人とイラン人とシリア人の「花屋」が並んでいたのです。私達は、もっとも貧しく誠実そうに見えるシリア人から、もっとも豪華な瑠璃色の「薔薇」を買ったのです。
 その「光景」を、私服警官の猜疑心の「視線」が釘付けにしたのです。異邦人は私達だったのだろうか。パトカーの回転灯が「血液」を撹拌するのが「目撃」される。真っ赤に鳴り響くサイレンの「音」が聞える前に、この「場所」から逃げ出さなければならない。瑠璃色の「薔薇」が一枚二枚と散る前に、新しい「工場」に逃げ込まなくてはならない。アナログの「世界」には、きっと「雑音」にも「意味」が残されているはずでした
d0078609_2085167.jpg

[PR]
by artbears | 2017-11-30 20:09 | 連白
<< 労働と資本と悪となる価値、工場... 夢を見た夢8: 遥か彼方に見え... >>


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧