夢博士の独白



<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


夢を見た夢3:外界のゾンビ又は得体の知れない気配、内界のプールと混乱のステージ

 薄いペラペラのベニヤ板一枚が、私達を「外界」から隔てていたのです。一人でうっかりと、この「扉」を開けてはいけない。二人でしっかりと、この「扉」を抑えなければいけない。その暗黙の「合意」が阿吽の「呼吸」となって、私達を辛うじて「絶望」の崖っぷちで踏み止まらせていたのです。
 自壊した「街」の自閉した「扉」の向こう側では、ゾンビとなった動物の「死霊」が往来している。「鍵」は外側に在って、内側には無い。それは、余りにも不用心なことでした。彼等は様々な「能力」を持っていると聞くが、それは「逸話」に過ぎなくて、その「矛盾」こそが、彼等の「能力」に違いない。得体の知れない「気配」が、唐突に「背後」に回って来たのです。まるで雨上がりの熱い「抱擁」のようにして、私達を取り囲んだのです。
 薄いペラペラのベニヤ板一枚が、私達を「内界」から隔てていたのです。そのことに気付いた私は、この「扉」を押し開けることにしました。逃げるようにして「階段」を下りたのです。振り返って見ると、「扉」の向こう側では、何事も無かったかのように「死霊」が彷徨っている。振り返って考えると、それは、何ら「後悔」することではないが、恐ろしく条件反射的な「判断」だったのです。
 私の目が「暗闇」に慣れるに従って、地下室のなかのプールが現われて来ました。天井からポツリポツリと落ちる「水滴」が、気の遠くなるような「時間」の独り言のように見えたのです。「階段」はと言うと、その「波紋」の拡大と反復のなかに消えて行く。黒光りする「水面」の向こう側には、木製のカウンターが視えて来て、一度飛んだ私の「意識」が戻った「席」には、もう一人の「女」となった「私」が座っていたのです。私達は、分身との「再会」を果たせたのです。
 すると突然、左隣に座っていたパブロフの「犬」が耳打ちをして来ました。注意しなければいけない。彼もまた、ゾンビとなった「死霊」に違いなかったのです。彼の「諫言」めいた「予言」とは、未来の「指導者」はタマゴを食べるがイクラは食べない、それに加えて、「右足」に怪我をしているはずだと言うものでした。
 咄嗟に右隣の「私」の「右足」がクローズアップされました。視るよりも速く、安堵の「感情」は引潮となって遠浅の「彼方」に消えて行く。彼女の「傷痕」は「左足」に在り、それも修復されていたのです。ところが、彼女の「指摘」を待つよりも早く、私の「右足」はパックリと切り裂かれて、その「傷口」からタワワに実ったザクロのようなイクラが溢れ出している。真っ赤な「血液」が「水面」に滴り落ちていたのです。
 私の「動揺」を察した彼女は、イクラは魚のタマゴだと諭して、いつかきっと食べられるようになる、その「約束」を交わそうと「真顔」で言うのです。どうやら、私達の「夢」は「混乱」のステージに移行したようです。イクラが大好物であるという「事実」は隠すべきなのか、そして、この得体の知れない「気配」の正体を告げるべきなのか。既に「血液」の臭いを嗅ぎつけたサメの「背鰭」が、こちら側に向かって来るのが視えたのです。
d0078609_1656252.jpg

[PR]
by artbears | 2017-02-27 17:19 | 連白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧