「ほっ」と。キャンペーン

夢博士の独白



<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


感覚認識と別世界の存在、拡大する夜又は感情の領域、空虚なる場所での他者との再会

 知らぬ間に「時」が滑るように過ぎていく。完璧な「瞬間」など、どこにも「存在」しなかったかのように、「無言」で速足で過ぎていく。何かの「追跡」から逃れるようにして、止まることの「虚無」を恐れるようにして、それは過ぎていく。
 薄くて消え入りそうな二本の「線」が、私の目の奥の「空間」に現れたのです。その平行に走る白い「線」が、どこかで交わる「予感」が生まれる。しかし、その決定的な「瞬間」は、「知覚」では捉えることはできない。見えないからこそ、見えることが「存在」している。感覚認識の「世界」に影のように寄り添う、もう一つの別の「世界」が在る。
 ふと我に返る。遠い過去の「私」に帰る。正確には、あの懐かしさと郷愁感に満たされた「私」、美しい「内海」を眺め遣る「意識」に戻ったのです。すると、夕暮れ前には、真っ赤に燃え滾っていたはずの「太陽」が、つるべを落とすかのように水平線の下へと「姿」を消し去っていたのです。一触即発の「海面」、蒸発沸騰の「海水」を想像する。私は「知識」で、この不可解極まりない「世界」を見ていたのです。
 ふと振り返る。孤独な「城郭」の影が伸びている。満天の「星空」の下、不気味な「気配」が立っている。増殖する巨大な「暗闇」、その奥行きのある「空間」が、私を背後から「拉致」しようと待ち構えていたのです。とても深い「夜」、まるで死のような「夜」、その大きく切り裂かれた傷口のような「空間」に魅了されてはいけない。悪霊と精霊が同居する、この野放しになった「自由」が支配する「世界」に踏み入れてはいけない。
 私は「石段」を転がり落ちるようにして下りました。青白い「月光」が、私を照射している。夜陰に隠れた「狂人」が、私を見詰めている。視覚を奪われた「私」は、聴覚と嗅覚が異常に研ぎ澄まされたのです。肥大化した恐怖の「感情」は、様々な想像上の「怪物」を創り出し、それらは野に解き放たれたのです。
 「感情」が、被害妄想となった「想念」が渦巻いて、この現実の「世界」を席巻している。忌避すべき悪の「領域」が急速に拡大している。叡智と寛容の「精神」が、放縦と陶酔の「感情」に翻弄されて、「世界」は単層構造に集約されようとしている。
 不吉で奇怪な「怪物」が跋扈する「森林」が、私の目の奥の「空間」に現われたのです。予想していたことではありながら、私の「精神」は動揺を隠すことができませんでした。見えない「心」の枠組みが、それを通して「外界」を見ていた「窓枠」が、崩壊の「危機」を迎えているのです。ロシアの政治家が、冷徹無比にして頭脳明晰なる実在の「怪物」が、「世界」をチェス盤に見立てて、次の「一手」に思索を巡らしている。そんな「時間」が刻一刻と過ぎ去っている。戦争の「足音」が聞こえてくる。
 夢のような「未来」は無い。悪夢のような「現実」が近付いている。白日夢のような「過去」が、「無音」の回転木馬となって、「無人」の観覧車となって、空回りを続けている。私はやっとの思いで、かつての遊園地と呼ばれていた「場所」に辿り着きました。しかし、その「場所」もすでに、「空虚」によって占拠されていたのです。
 その「場所」では、春の「足音」も聞こえていました。春の「息吹」が、桜の「蕾」にはち切れんばかりに充満して、季節の「歯車」が着実に回転していることを報せていたのです。そして、私の目の奥の「空間」では、いずれ見事に満開となるであろう「桜花」が、すでに咲き綻び始めていました。「認識」を変えれば「世界」も変えられると思ったのです。
 私は「少女」の「痕跡」を、聖なるものと俗なるものとの往還の「足跡」を、探し求めることにしました。子供でもなく大人でもない未成で未性の存在としての「少女」、その相反する両義性によって、時には「境界」を越境することに傷付き、時には「境界」を前にして力尽きる、その未成熟で不安定な「存在」、その「他者」との「再会」を願ったのです。一つひとつの「桜花」が花開く、その決定的な「瞬間」の連続が、春の「時間」を形成していくことを願ったのです。
d0078609_1221724.jpg

[PR]
by artbears | 2015-03-29 17:57 | 連白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧