夢博士の独白



<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


表象としての水面に映る月影、回廊又は壁と水路の関係、視界に現れた裏切られた予感

 バーミリオンの「月影」が氷のようなブルーの「水面」で揺れる。それは、プールの「水面」から僅かに浮かび上がって視えたのです。ペラペラの「月影」が「水面」に貼り付いている。静寂の「歌声」が震えて映る。水の「妖精」がキラキラと舞っている。やがて一つの「月影」が壊れて、一つの「月影」が生まれる。その永遠の繰り返し、その生成流転の「表象」に、私はクラクラと「眩暈」を覚えたのです。
 どうやら、私は幻惑の「回路」に迷い込んでしまったようでした。沈黙の「燭台」が古代ローマの「回廊」に並ぶ。大理石の「円柱」は遠くまで続いているようなのだが、その先には、私の「視界」を遮るようにして、湿り気のある「濃霧」が立ち込めている。あの「月」の妖気を秘めた「光」は、いつの間にか、シャンデリアのクリスタルな「光」に変わっている。「濃霧」のカーテンを恐る恐る開くと、既視感のある驚きの「光景」が、私の「目」に焼付いたのです。
 依然として長い「回廊」は続いていました。右側には石組みの「壁」が、左側には石造りの「水路」が、私に謎解きを求めるように現れて来たのです。この左右のバランスを失った「感覚」、それが「記憶」のどこかの片隅に眠っていたのです。
 依然として暗い「回廊」は続いていました。いかにも堅牢な「壁」が、私の「耳」に触れるのが恐い。その上に彫られた「顔」が、私を誹謗中傷する「言葉」が怖い。「意識」は意味付けを急ぐのだが、「認識」までには至らない。見ていることが、必ずしも見えていることとは限らない。私の「精神」は、あくまでも冷静さを装っていたのです。
 私は「水路」に目を転じました。すると、「世界」は鮮やかに反転したのです。安堵の「感情」が、まるで滾々と湧く「泉」のようにして、私の「内部」に満ち溢れて来たのです。
 鮮烈な赤ではない。淡く優しいピンクの色調のバラの「花弁」が、ゆっくりと回転木馬のリズムに合わせて、まるでワルツを踊るような優雅さで流れて来たのです。うっとりとする甘い夢のような「香気」が漂って来たのです。
 既に先人の残した「足跡」が、私の歩むべき「方向」を示していました。そして、私が一歩一歩と「足跡」を重ねる度に、その「香気」は力強さを増幅する。やがて慣れ親しんだ匂いは未知なる匂いへと変化する。それは、あの森羅万象のエッセンスを凝縮した「美酒」の醸し出す「薫香」のようでもありました。
 花は咲き、やがて枯れゆく収穫を迎える。果実は実り、やがて死にゆく熟成を進める。大地の香りが見える。海の薫りが聞える。その「香気」に魅了され、その「薫香」に酔い痴れた私は、桃源郷が近いことを「予感」したのです。
 私は「水路」に沿って歩みを速めました。「水路」はしだいに「壁」から離別して、私を左方向に誘導している。パラパラと真紅のバラの「花弁」が落ちてくる。見上げると、生い茂るバラの大輪で造られた「門」が、私に覆い被さるようにして視えたのです。
 「時間」が刻々と過ぎている。「世界」は激変を欲望している。何が起こっても不思議ではない。不思議という「言葉」自体の輪郭が消えている。「意味」を失っている。
 私は「門」を潜り抜けたようでした。足元のネットリとした「水」の感触が、そのことを報せてくれたのです。「濃霧」が晴れる。私の「予感」は見事に裏切られる。巨大な白亜の建物の「屋上」のプールが、私の「視界」に再び現れたのです。
 プールの「水面」では、あの「月影」も「波紋」も消えて無くなっている。そして、悲しみの「旋律」が静かに響いている。苦しみの「小舟」が厳かに浮かんでいる。それは、誰かの脱ぎ捨てた「衣服」、何かの「死体」のようにも視えたのです。三匹のバーミリオン色をした「大蛇」が横たわる。その息絶えた「姿」が目の奥に現れたのです。
d0078609_9321572.jpg

[PR]
by artbears | 2014-10-31 19:50 | 連白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧