夢博士の独白



<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


暗闇から浮び上がる記号、身体から呼び戻された記憶、懐かしの瞬間と他者からの言葉

 私の「心臓」は氷に触れているように感じたのです。黒い頭巾を被った「老女」が光の届かない「海底」から昇ってくる。そんなイメージが目の奥で再生されたのです。「老女」は「階段」を一歩上がる毎に、少しずつ白みを帯びてくる。そして全体に明るさが増してくる。それは、「暗闇」から浮び上がる神秘的な「記号」のように視えたのです。私は「老女」の「言葉」を待ちました。別の「時間」を生きた「証言」を待ったのです。
 「言葉」が「気泡」となって上がってくることに驚きは隠せなかったのですが、正直言って多少の「期待」はありました。しかし「気泡」に群がるシャークを視たときに、その「期待」は無数の「水泡」となって消えていったのです。
 ここには「暗闇」しかない。その「暗闇」に向かって、「老女」が何かを喋っている。まるで白黒の「映画」の一画面のようだ。アムステルダムの「街灯」、紅いスカーフと震える「手」、聞き取れない「言葉」、それらは、遥か遠くから「風」に乗って運ばれてくる「梵鐘」のように、重々しくて悲しい。
 私の「耳」はブルブルと震え始めました。熱いのか寒いのかが分からない。何れにしても、私の「耳」が真っ赤に腫れ上がっているように感じたのです。
 私は「水面」に顔を近付けました。強力な「引力」が、そこから離れることを許さない。「鏡面」に現れる私自身を待つしかない。すると、そこには、あのエメラルド色の「海」の照り返しで同色に染まった「空」が、どこか見覚えのある懐かしい「瞬間」として、写し取られていたのです。「風」が吹き、「少女」の藍色のスカーフが宙に舞う。突然の「真実」を視たという「感情」が忘れられなかったのです。
 それを、「必然」の出来事であったと考えることにしたのです。それは、私の過去の「記憶」が「身体」の中で生き生きと蘇った「瞬間」だったのです。「記憶」は決して「身体」から離れて存在するものではない。私の「記憶」が正しいとも限らない。他者の「記憶」との再会によって初めて、その人生における「意味」を獲得することができると思ったのです。真実の「原石」は、他者の「言葉」に秘められていたのです。
 「空港」のロビーに靴音が響いている。その「音」は、私の「記憶」の中でも反復して響いている。うな垂れる「受話器」が一本のコードで辛うじてぶら下がっている。出発か到着かの「記憶」は消されたようだ。私は配られたカードを「手」に握り締めて、とにかく「空港」から離れることにしたのです。「賽」はすでに投げられている。私は「座席」に拘束されている。不思議なことには、離陸の「恐怖」は感じられなかったのです。
 それを、「偶然」の出来事であったと考えることにしたのです。私の目の奥には、積み重ねられた「残像」のファイルが存在する。偶々、最初のページが開かれると、そこには滑空する戦闘機の「残像」が在って、次のページには浮上する潜水艦の「残像」が在った。それらが、シャークへの恐怖の「感情」によって繋ぎ合わされたのです。あの「事件」は、それ以上でもそれ以下でもなかったと、振り返って思ったのです。
 振り返ると、私の「意識」にも遠心力が働いたようでした。全く別の「光景」が脳裏に張り付いていたのです。鉛色の「曇天」が重く垂れ下がる。「海面」に白いたてがみのオオカミが走る。私の目の奥から、ロンドンの南方に位置する、今や廃墟と化したかつての「産業都市」が現れてきたのです。その背景には、あのエメラルド色の「海」は消えていたのです。
d0078609_1397100.jpg

[PR]
by artbears | 2014-07-27 13:09 | 連白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧