夢博士の独白



<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


黒いシルエットは屋形船か宇宙船か、凍て付いた意識と鋭敏な感覚、純粋なる存在と私

雲か霞の如く、数多くの「花火」は大輪を咲かせては惜しまれながら消えて行き、夜空には月や星が元の姿を現していたのです。その中にあって、一本の「光跡」を描いて頂点を目指した「火炎」は、不本意ながら不発となって、反対側に同じような「円弧」を描きながら落ちて行きました。その右上の夜空では、向日葵の花の如く、小振りの「花火」が大きく四方に開いて、しばらく無言で白く輝いていたのです。雨はすでに止んでいました。冷気を含んだ風が流れていたのです。両岸に渡された木製の「橋梁」は、黒く美しい「影絵」となって、深い藍色の「水面」に映っていました。水平線は低く位置していました。夜空が無限に拡大していたのです。上空の雲も下空の霞も少しずつ散り始めていたのですが、どこか不安をかきたてる「空気」は、いつまでも漂っていたのです。「水面」には、数多くの「屋形船」の黒いシルエットと、その船内の今にも消え入りそうな蝋燭の「炎」が浮んでいました。それは、「星空」の神秘をしっとりと写し出しているようにも視えるのですが、どこか不気味な「宇宙船」と、その船内の「光源」のようにも視えたのです。私の「意識」は、小高い丘陵の頂上付近から、この「光景」を俯瞰しているように想われました。それは、私という小さな存在を超えた、大いなる「宇宙」からの視点のようにも感じられたのです。天上を見上げると、夜空に輝く無数の「星」が今にも零れ落ちそうに視えました。地上を見回すと、蒼い森に囲まれた「泉」の水際で、独り佇む私の「意識」を見付けたのです。滾々と湧き出る「泉」は、「記憶」の水源の如く、豊富な「情報」を湛えているに違いありません。私は黒光りする「小石」を拾って、「泉」の中心に向かって投げ入れたのです。それは、黒く美しい「円弧」を描きながら着水しました。「波紋」が拡がりました。「記憶」が急速に甦って来たのです。それは、遠い「過去」か近い「未来」の出来事のはずでした。竹林の「小道」を散策していた私は、時折、音も無く吹き抜けて行く涼やかな「風」に心地良さを感じていたのです。気が付くと、太陽は西の地平線に姿を消しつつあり、それに合わせて「影法師」の黒いシルエットも移動しました。「向日葵」の花は西を向いてこうべを垂れ、すでに散ってしまった花びらは、それらが「大地」に帰することを物語っていたのです。突然、真っ赤な嘴の「鳳凰」が羽ばたくと、午睡に耽っていた「小禽」は慌てふためき、天空を目指して舞い上がりました。蝉の鳴き声は無く、脱殻だけが残されていました。「盛夏」を前にしてのアンニュイな「空気」が漂っていたのです。そして、しばらく歩くと黄昏時となり、この滾々と湧き出る「泉」に再び巡り合うことができたのです。私は、あらゆる森羅万象をことごとく写し取った感のある、この澄み切った「泉」に見惚れて、その「水面」を覗き込みました。すると、そこに写る私の顔色は朱色を帯びていて、目の周りには紺色の隈取ができていて、「山猫」のそれのような尖った耳が生えていたのです。そして私の背後には、私を取り囲むようにして、穢れ無き大きな黒い瞳をした数頭の「小鹿」が現れたのです。その時のことでした。上空では数発の「花火」が炸裂して、不発となった「火炎」が猛烈な勢いで落下して来たのです。動物達は慌てて逃げ惑い、黄金色の光に包まれた私は、私の「影法師」が「泉」に溶け込むのを見ながら、私自身が凍て付いた水の中に浸るような鋭敏な「感覚」を覚えたのです。私は私自身をほとんど純粋な「存在」のように感じました。それは、私を取り囲む「状況」の純粋さに、私自身が支配されたことを意味していたのです。この危機迫る研ぎ澄まされた夜の「空気」は、そして、この氷のような水の「感覚」は実に純粋でした。一個の感覚器官と化した私は、水の「分子」の一つひとつと一体となって、「水底」へと沈潜を始めたのです。「水底」は意外にも、しっかりと安定していました。水上を見上げると、水面に写る無数の「星」が今にも零れ落ちそうに視えました。水中を見回すと、硬い岩に囲まれた「泉」の水源で、独り佇む私の「意識」を見付けたのです。滾々と湧き出る「泉」は、「記憶」の水源の如く、豊富な「情報」を気泡のカプセルに閉じ込めて、水上に向かって解放っていたのです。そして、私の「意識」は再び「影法師」と一体となって、「記憶」はランダムに結合して、気紛れな「創作」が始まったのです。もはや、水上に浮ぶのは「屋形船」であるのか、それとも「宇宙船」であるのかの判別の「根拠」は、私の記憶ファイルには残されていなかったのです。
d0078609_18483791.jpg

[PR]
by artbears | 2013-07-31 18:49 | 夢白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧