夢博士の独白



<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


黒い能面と突き刺さった視線、絶対の経験と存在の偶然性、異界からの不可視の来訪者

黒い「色」も丸い「円」も、そして、この突き刺さるように感じる「視線」であっても、それらは、私の「脳内」のスクリーンに映し出された純粋で数学的な一つの「観念」に過ぎないと思われたのです。この宇宙的とも呼べる広大無辺の「空間」に漂う一つの「観念」に過ぎないと思われたのです。なぜならば、それらは、「言葉」の枠内で説明が付き、理解を得ることのできる「世界」に属していたからでした。私に見えていたのは、抽象的な創り事、そう、人間の「観念」だったと言えるのです。然るに、未明の薄明かりの中、恐らく、私は「夢」と「現」の境界線を往復していたのだと推測されるのですが、そんな私が、ブロック塀の折れ曲がった「角地」で、黒くて丸い「能面」を着けた「痩男」と出会いがしらにすれ違って、その衝撃的な「経験」に慌てふためき飛び起きてしまった。以来、その時に突き刺さった彼の鋭い「視線」は、私を「不眠」の世界に引き擦り込んだ。そして、この偶発的であるが故に絶対的な「経験」を、どうしたら「言葉」の枠内に収めることができるのだろうか、と悩み始めた私は、増々「不眠」の泥沼でもがき苦しむことになった。それが、ここ数日の私の体たらくぶりの原因でした。この「精神」の昂ぶりは、アルコールで麻痺させても、「問題」の根本的な解決にはならなかったのです。なぜならば、私が視たのは、単なる黒い「能面」ではなかったからでした。それは、この「世界」に自明の事実として存在する、山を覆う木々や、草むらの臭気や、砂の粗い粒子や、市場に並ぶ魚貝と何ら本質的に変わるものではないのですが、それら、物事の多様性、個別性という仮象の「仮面」が剥げ落ちた後に現れて来る、得体の知れない怪物じみた、黒くて無表情な「能面」そのものだったのです。それは、不条理性に満ちた、「言葉」での説明をいっさい受け付けない「存在」の不気味さでした。しかも、この「世界」は、そのような「存在」で溢れている。そして、その「存在」は必然ではなく、偶然性以外の何ものでもなく、それ故に絶対であり、還元不可能な無償性を唯一の「根拠」にしていたのです。私は、この「根拠」の曖昧性に絶望的な「不安」を懐き、慄き狼狽してしまったという訳だったのです。そんな私が、もう一度、あのブロック塀の「角地」に戻ろうと思い立ったのは、やはり、未明の薄明かりの中、やっとの思いで手に入れた浅い「睡眠」でのことでした。ブロック塀は、軽々と宙に浮いているようだった。その背景には、水色の「空間」が拡がっていた。水気を含んだ「雨雲」が重くゆっくりと沈んで行く。「風雨」が、私の顔面に突き刺さっているように感じる。足元がぐらぐらと揺れている。足場がぼろぼろと崩れている。この再現性の無い一回性の「夢」の中で、誰がいったい、この「舞台」を用意したというのだろうか。誰がいったい、どの「演目」を舞えというのだろうか。はたしてシテは誰で、ワキは誰なのだろうか。「夢」もまた、「言葉」による「意味」の形成を受け付けない、無償性を唯一の「根拠」とする「現象」に過ぎないと思われたのです。私は「角地」に立っていました。眼下には奈落の「谷底」ですらも視えない。ふわふわとした気の定まらない浮揚感、どろどろとした形の定まらない不安感が、私の身の周りに集まって来る。一歩を踏み出すこと、その戦慄の「恐怖」と、その後の恍惚の「快楽」への誘惑を、耳元で囁く誰かの「声」がする。それを踏み留めさせようとする別の「声」とは、私の「精神」なのだろうか、と考える「意識」が表れては消えて行く。「夢」の中においても、自分自身との「関係」は存在していたのです。すると突然、「雨雲」が、奈落の「谷底」から浮かび上がり、あたかも「能舞台」の見立てのようにせり上がって視えたのです。その「舞台」では、白い「能面」を着けた「小面」が、幽玄の美の「世界」を舞っていました。その「世界」では、内的必然性としての自分自身の「死」が謡われ、そのことが、優美に誇らしげに演じられていました。私は、その白い「能面」は生きていると感じたのです。なぜならば、その「能面」には、過去から未来へと無数の観る者の「視線」が突き刺さって行くことにより、観られる者としての「生命」が宿っているように思われたからでした。それは、女性であるのか、男性であるのかを超越した「面相」でした。そして、その「能面」こそが、能楽師をして、「異界」(超越性)からの不可視の来訪者であるシテを演じさせていたのです。そして、ワキこそが、観る者をして、「異界」の存在を知らしめていたのです。「視線」は常に、不可視の超越者を観ていたのです。
d0078609_1956574.jpg

[PR]
by artbears | 2013-06-26 19:57 | 夢白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧