夢博士の独白



<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


楠木のトンネル、若葉の燃え立つ豪奢さ、黄昏の都市に響く銃声と手首で止まった時間

季節が廻り廻って何十回目かの「春」を迎えることができた、と私は感じたのです。そして当たり前のように咲いては散っていく「花木」の在り方を観て、今更のように、その律儀さと健気さを強く逞しい、と私は感じたのです。置き去りにされた「荷物」には、決して誰も手を触れようとはしない。それは、いったい何処から届けられ、何処へ届けられるというのだろうか。手を伸ばせば、裸木の梢から吹き出す「若葉」の気配に驚き、思わず手を引いてしまう。枯れた大地の殻を破ろうとする「新芽」の勢いが眩しい。確か、この「感覚」は、あの凍て付いた「冬」の最中においても、私の「内部」にも生き永らえていた。この「言葉」を介しない自然との「約束」が、毎年毎年例外なく履行されていることの紛れも無い「事実」、そのことへの疑いの無い「信頼」こそが、この「世界」の揺るぎ無い「基盤」となっている、と私は思ったのです。彼等の存在が、私の「安眠」を担保していることは明らかでした。今夜の「夢」のトンネルは長く、でも、それは苦しいものではなく、あたかも「樹木」とのゆっくりとした歩みのように感じられました。私はもしかしたら、この美しく奇跡のような生き物の「進化」の一部なのではないか、とさえ想ったのです。それほど、彼等の「存在」が身近に感じられるのも、この「春」のトンネルでの楽しみでもあったのです。足元には、真っ赤な「紅葉」の絨緞が敷き詰められていました。その先の、うっすらと光の射し込む日溜りには、私の大好きな真っ白の「百合」や「春蘭」が、まるで「異界」への道案内人のように咲いていたのです。すると、突然の爽やかな「春風」が吹き、「燭光」を束ねてさらって逃げて行きました。遠くで微かに聴こえる「潮騒」の音には、桜色に染まった「貝殻」の鳴き声が紛れていたのです。「自然」が遠くに在って、近くに感じる。私は何処、私は誰、そんな「一瞬」が届けられたのです。私は、置き去りにされた「荷物」を紐解き、永遠の眠りから覚めた「小鳥」を解放ちました。すると、楠木の「若葉」の燃え立つような豪奢さに囲まれ、それらが放つ黄緑色の「光線」を全身に浴びたもう一人の私が、楠木のトンネルの「出口」に立っているのが視えて来たのです。その「後姿」には、優しい心も卑しい心も写し出されていました。「出口」は小高い山の頂上に位置していて、そこからは「下界」が眺望できました。私は、恐怖で身震いする彼を身近に感じたのです。なぜならば、彼の「視線」を釘付けにしている「光景」とは、刻々と崩壊が進む「都市」であり、どのようなことでも起こり得る今日の「社会」の荒廃の有様に違いなかったからでした。そして、この植物的な進化の「出口」は、これから加速度的に進行する動物的な退化の「入口」でもあることを、「樹木」は静かに諭してくれたのです。と同時に、季節の折々に花を咲かせて、私を大いに楽しませてくれた「花木」が、親しい人達の「笑顔」が忘れられるようにして、「意識」の暗闇に消えて行くのが視えたのです。と同時に、あの鬱蒼とした「楠木」のトンネルも消えて無くなりました。「樹木」は伐採される「運命」を受け入れたのです。そして仮に引き返すことができても、あの「社会」に帰ることはできなかったのです。黄昏時を迎えた「都市」は、まるで荒れ果てた墓地の「夜陰」に呑み込まれて行くように観えました。何発かの連続した「銃声」が「夜空」に響いたのは、そのような危険な「時間」だったのです。私の動物的な「直感」は、誰かが撃たれたことを、私の「記憶」から何人かの「笑顔」が消え去ろうとしていることを報せたのです。しかし、それは「一瞬」の出来事であり、それがいったい誰であるのかが、いっこうに思い出せない。「名」と「顔」が、意識の「暗闇」に沈んで浮かび上がって来ない。仕方なく、その「暗闇」を覗き込んだ私は、そこに、崩壊が進むもう一つの「都市」を視てしまったのです。ビルの谷間を誰かから逃げているのか、それとも誰かを追っているのか、寡黙を装う私の「左手」には、硝煙が漂う「拳銃」が握られていました。私は、思わず心の中で「無罪」を叫んだのです。しかし彼の「横顔」には、忍耐や勤勉からは程遠い残忍で冷酷な「感情」が見て取れたのです。私は焦りました。そしてとにかく、私は何処、今は何時かを確認したかったのです。周りを見回すと、ビルの窓からは大勢の見知らぬ人達の「顔」が視えました。そして、私の左手首から外されて、右手首に付けられた腕時計の「時間」は止まっていたのです。そして、その「時間」は、私が楠木のトンネルの「出口」に立った「瞬間」と一致していたのです。
d0078609_18181074.jpg

[PR]
by artbears | 2013-05-28 18:19 | 社会


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧