夢博士の独白



<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


崩れる赤壁と群青色の水流、ロボット修理工場のアルミのギブス、鞄の中の銀色の林檎

走れ、走れと自らを叱咤激励してここまで来たものの、さて、この八方塞の「状況」からの脱出を次の「夢」に託すことは出来ないものかと思ったのです。それにしても、あのような高所から闇雲にジャンプするなんて、あなたが言うように、私には自殺行為にしか思えなかったのです。たとえ、あの群青色の水を湛えたプールが、彼等が言うように、底無しの深さがあると信じられてもなのです。その「光景」を目撃したのは、この住宅地に侵入した装甲車の小さな「銃窓」からでした。そして、私達の置かれた「状況」が理解出来たのは、装甲車の操縦席を囲む無数の計器類が、一斉に赤色に点滅を開始した時のことだったのです。私達は慌てて、全てのスイッチを手分けして「オフ」にして回りました。ところが、その「作業」が終わって一息付くと、驚くことに装甲車は自動操縦に切り替わって、平静を装った住宅地を壊滅するというプログラムの実行を開始したのです。私達は阿吽の呼吸で、装甲車の底部にあるハッチを開けて脱出を試みました。しかし、私達の「想念」から、あの永遠に破壊行為を繰り返すであろう「無人」の装甲車のイメージを消し去ることは、一定の「期間」を要することに思われたのです。「仮眠」は浅く短く、しだいに現実との「距離」を狭めていました。破壊された住宅地の真下には、まるでネガのように存在する「裏面」の世界としての寂れた商店街があったのです。知らぬ間に、あなたと逸れてしまった私は、今やシャッター商店街となった、しかし妙に明るい「光線」に満ちたこの「空間」を、二足歩行の野良犬となって彷徨っていたのです。暫くして、ガチャガチャという金属音に気付いた私が右脚を視ると、なんとそれは、アルミ製の「義足」となっているではありませんか。そして、物陰に隠れて、こちらを用心深く観察している四足歩行の野良犬達の脚も、必ずどの脚かは「偽足」を装着していたのです。彼等の「欲望」が、私の右脚にあるのか、それとも左脚にあるのかは、判断の下しようがなかったのです。なぜならば、この「世界」とその「経済」は、実体ある需要と供給の関係性を土台とするものから、「投機」の対象となる関係性そのものが情報化され、消費される「段階」に移行していたからなのです。ともかく私は、この「我消費す、故に我在り」の世界からも抜け出さなければならなかったのです。私は、「逃亡」することが彼等の「追跡」の自動プログラムを起動させることを知りながらも、無我夢中で走り続けました。そして、なんとか駆け込むことが出来たのが、シャッターが開いていた唯一の「場所」である、このロボット修理工場だったのです。そこには、無数の人間型ロボットが、まるでカタコンベに放置された「骸骨」のように積み上げられていました。そして、その片隅の壁には、石膏で型取りされた「ギブス」が立て掛けてあったのです。その傍らの床には、真新しい「包帯」が投げ捨てられていました。それらの「光景」の意味するところを理解した私は、居ても立ってもいられなくなって、深く長い霧中に再び迷い込むことになったのです。ところが、この乳液のように白濁した「世界」が透明性を帯びるには、百年河清を待たなければならないと思っていた私の眼前に、突然、その巨大な「壁画」は姿を現して来たのです。「壁画」の支持体は、無数の多様なブロックから構成されていて、そのこと自体からは、異質性や対立性を許容する、土台としての一体性が確認されました。しかし、「壁画」そのものはどうかと言うと、描かれた「内容」には意味がなく、構成要素の相互の関係性や脈絡性も失われていたのです。それは、「我信ず、故に我在り」とした組織原理で辛うじて延命して来た「社会」の崩壊が描かれているように思われたのです。私の「視線」は眼下に移動しました。すると、壁画は「赤壁」となって、あの群青色の水を湛えたプールと水源を同じくした、この「水路」の濁流を堰き止めていたことが判ったのです。そして、「赤壁」の崩壊が進むにつれて、「水路」の水位は低くなり、その「水底」からは様々な未来の「遺物」が姿を現して来ていたのです。その中には、あの破壊兵器と化した装甲車も視えました。私は、この「赤壁」が決壊する前に、なんとか「対岸」に渡り切らなければと考えたのです。なぜならば、対岸の断崖に沿って走る「細道」には、アルミ製の松葉杖と重たそうな鞄が置かれ、その鞄の中には、銀色に光り輝くたくさんの林檎が視えたからなのです。「赤壁」に飛び移った私が、群青色の「水流」を視下ろした瞬間、私の「夢」は霧中に夢散して行ったのです。
d0078609_197442.jpg

[PR]
by artbears | 2012-11-29 19:09 | 社会


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧