夢博士の独白



<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


古色蒼然とした都と鬼気迫る騒然とした都、記憶の回路を走る地下鉄と接続された歴史

地下鉄は、いつものように遠回りをしながら「現在」と「過去」を接続して走っていたのです。それが「真夜」であるのか、それが「真昼」であったのかは、地下鉄に乗っているという薄暗がりの中の「意識」が、その分析的な判断を妨げていたのです。私の今夜の「夢」は、いつものように左回りで内回りの「軌道」を走っていました。それは、「京都」は「東京」の手前に在り、「目黒」は「新宿」の先に在るというイメージの「回路」を、半ば暴走気味に走っていたのです。地下鉄は二度三度と左右に大きく揺れ、その度にスパークした「電流」は周囲を明るく照らし、記憶や知識の「断片」は脈絡も無く結び付き、「仮想」のシナリオはオートマチックに浮んでは消えて行くのです。気が付くと、新幹線は「京都」の手前を走っていました。すると突然、雷鳴が轟き、豪雨とともに晴れ渡った青空には「黒幕」が引かれ、京都の「天空」は一瞬にして、荒ぶる「雷神」と「風神」が暴れ狂う怪奇空間に変貌を遂げたのです。記憶の「黒幕」には、陰極から陽極への「火花」が激しく走り、私の「意識」は何も書かれていない「白紙」へとリセットされたのです。慌てて私は誰なのか、とコートの内ポケットに手を差し込むと、そこには生暖かい熱帯の「沼池」が在って、でも、あのクロコダイルの生温かい「皮膚」の感触は、どこを探しても無かったのです。「名刺」を失った私は、無名性の「沼池」に生息していたのです。コートを広げて裏生地を視ると、紺色と朱色と灰色の「縞柄」が目に飛び込んで来ました。そこには、刻々と変化する黄昏時の京都の「情景」のように、陽の落ちる「階調」が丁寧に織り込まれていたのです。伝統の縦糸には、革新の横糸がしっかりと紡がれているのです。私は、この時代の先端を捉えた現代性と古色蒼然とした「歴史」の重厚さが同居した「古都」を、常に「意識」の片隅に感じながら、時に「夢」の中で往来する大路小路として位置付けて来たのです。そう、この奥ゆかしさに満ちた「古都」には、何よりも「都市」としての風格と威厳を支える政治空間の「存在」が感じられるのです。それは、この土地が千年にも及び「首都」で在り続けたという「歴史」の重みでもあったのです。そして、四季折々に催される「祭祀」は、古来、政治と祭り事が不可分の関係であったことも思い出させてくれるのです。そのような想いを抱いて「夢」の中を彷徨っていた私は、と或る「小路」で、京都の「地図」を小脇に抱えたあなたに出会ったのでした。その「図面」の中央には、政治を司る「天皇」の私的空間としての「内裏」が在って、その前後左右には様々な「社寺仏閣」が方眼状に配置され、その東西南北には大小の「路地」が整然と区分されて描かれていました。私達は、その「地図」を頼りにして、ライトアップが予定されている「古寺」への上り坂を急ぐことにしたのです。古寺の「五重塔」は、下方からの強烈な「光線」で照らし出され、それは、「現在」と「過去」との奇妙なコントラストを浮き彫りにしていました。私達は次に、休む暇も無く、ライトダウンが予定されている「古寺」への下り坂を急ぐことにしたのです。古寺の「庭園」は、既に夕暮れの「暗闇」に呑み込まれ、青く発光する半導体の「蛍」の生息する場所へと変じていました。古き自然火は消え去り、新しき人工灯が燈っていたのです。その寂しげな人工灯を頼りにして、私達は、再び「図面」を覗き込むことにしたのです。するとそこには、中央の「内裏」の西側に、ほぼ同じスペースの「空閑地」が描かれていたのです。そこは「遷宮」のための用地に違いないという「妄想」が肥大化を開始した瞬間、私の「意識」は百五十年前の「遷都」先である「東京」に飛び移ったのでした。突然、人身事故が発生したというアナウンスが響き渡り、山手線は「新宿」の手前で急停車しました。車窓から「車内」を覗き込むのは、それが「赤鬼」であるのか、それが「青鬼」であったのかは、緊張感で沸騰しそうになった「車内」においては、その客観的な判断が下せなかったのです。反戦デモが繰り返される「新宿」は半狂乱の状態で、まさにカオスの「坩堝」と化していました、その途方も無いエネルギーは行き場を失い、アンダーグラウンドに封じ込めるにも「限界」が視えていたのです。そして、マンホールを破壊して「街路」に飛び出した「赤鬼」は、今や政治的機能を失った「東京」を徘徊する輩となっているのです。気が付くと、山手線は「新宿」を通り越していました。迫りつつあるクライシスへの危機感は、代替機能を果せる「京都」の可能性に向いていることは確かだったのです。
d0078609_20243213.jpg

[PR]
by artbears | 2012-04-26 20:23 | 共白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧