夢博士の独白



<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


空港と抜け堕ちる天、坑道と崩れ落ちる地、逃げるように立去る政治家と立止るハイエク

もはや「欧州」行きの飛行フライトの案内は、やっとの想いで辿り着いた「空港」の電光掲示板からは消去られていたのです。その代わりとの説明もなく、ただ「危機」と「不安」を煽るかのように表示されている「数字」は、どうやら直線的に下落を続ける「株価」と「通貨」に関する情報のようでした。出発ゲートへの上昇エスカレータは無人で回転を続け、到着ゲートからの下降エスカレータは「仮面」を次々と取り替える「政治家」を運んでいたのです。そして、彼等の口々に発する信用、責任、改革といった「言葉」が、空港ロビーに虚しく響き渡っていたのです。私には、それらの「言葉」の背後には、実体経済と乖離した「虚偽」の信用創造があり、インフレを誘発しないように「資金」を小出しに供給しながら、いずれ債権放棄を国際政治の場で遂行しようとする「意図」が見え隠れしているように思われたのです。「会議」は踊り、「茶番」は終わり、かつては「救世主」として嘱望された「政治家」でさえも、その「見識」に似合わない「内容」のメモを読み上げ、逃げるようにして立去る姿を「衆目」の下に曝したのです。信用不安の「空気」は一気に世界に「拡散」したのです。ことの要諦は、誰が最終的な責任を負うかであり、そのことを棚上げにした狩猟民族的食い荒らしの金融メカニズムは「終焉」を迎えているのです。取り返しの付かない「事態」が進行していることは明らかでした。空港内のチケットカウンターの前には、大勢の人々が列を成し、当てもない最終フライトの「予約」に最後の望みを託していました。そんな時の事でした。私の買い換えたばかりの情報端末に、あなたからの「気を付けて、天が堕ちるわ」というメールが届いたのです。操作方法に「習熟」していない私は、すぐに「返信」することを諦め、本能的に身の安全を優先する「選択」をしたのです。私は「地」へと導く「坑道」を偶然に見付け、危機一髪、まさに青天の霹靂、「空港」は上部建屋から「瓦解」を開始したのです。「天」は抜け堕ちて、私の「憂慮」は杞憂には終わらなかったのです。一息付いた私が「坑道」を暫く歩くと、この「空間」は決して「虚飾」を追ったものでなく、ある種の温もりと穏やかさの「空気」が残っていることに気付きました。石造りの水路に流れる「水流」はあくまでも無色透明で、それらが長い年月をかけて「浄化」されて来たことは、一目瞭然だったのです。私は再び歩みを続けました。すると、東西と南北の「坑道」がクロスした部分が、卵型の吹き抜け構造になった「十字架」のような「空間」に出会ったのです。その「天井壁画」を見上げた私は、思わず「感嘆」の声を上げてしまいました。ありとあらゆる「鉱物」の「実質」そのものが色鮮やかに発色し、見事な「色彩」となって自らの「存在」の確かさを示していたのです。そして、目も眩むような高さに造られた人工の「天」には、もはや私の現実感覚ではファンタジーとしか観えないのですが、しかし確かな秩序感覚を備えた神々の「物語」が、創る者の「精神」と創られる物の「内容」の合一した「実体」ある「絵画」として描かれていたのです。そこには、揺ぎなき超越者への「信仰」と為政者の成すべき「正義」が、一欠片の疑いもない「確信」を持って描かれていたのです。そんな時の事でした。私の情報端末に、あなたからの「気を付けて、地が落ちるわ」というメールが届いたのです。私は、今回も「返信」を諦め、冷静かつ迅速に身の安全を優先する「選択」をしたのです。仮に、この「空間」が伝統的な「聖堂」であったならば、神秘的な光に包まれた深奥部に構造的に強固な「祭壇」が在るはずなのです。私は、夢の中の「神の国」を駆け抜けることにしました。すると申し合せたように「天井壁画」は崩落を開始し、物質的な破片とともに、荒廃、略奪、殺戮といった凄まじい「映像」の断片が降り注いで来たのです。独裁体制は倒れたものの、その後に生まれたのは国家秩序の崩壊であり、耐え難い混乱と無政府状態だったのです。私は、「絶望」の面持ちで「天」を見上げました。すると、この「世界」の下部構造の「天」の裂目から、その上部構造の「地」の割目を通して、あの崩壊した「空港」の上方に広がる「冬空」を垣間見ることが出来たのです。それは「衆愚政治」が招く、事実上の国家のメルトダウンを「予告」する不気味な「黒雲」の漂うものでした。私は、前方の最後の避難場所である「聖壇」を見遣りました。そこには、この出口なしの「状況」においても、それでも「社会改革」を進めるには、「市場」の規律の活用を説いたハイエクの立ち竦む姿が視えたのです。
d0078609_17123645.jpg

[PR]
by artbears | 2011-11-27 16:43 | 社会


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧