夢博士の独白



<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


劇は真昼に幕が閉じ夢は真夜に幕が開く、砂時計又は流砂としての時間と落下する意識

降り注ぐ月の光に合わせて踊り続けることにいささかの疲れを感じていた私は、このシナリオの無い「寸劇」の幕が早く降ろされ、この小劇場には似つかわしくない重厚な扉が速く閉じられることを願っていたのです。扉の向こうのレアールな「世界」では、「死」のカーニバルが開かれているのでしょうか、人々の絶叫に近い悲鳴とともに、炸裂する花火の尾を引いた残り火が、劇場内に次々と転がり込んでいたのです。そしてそれらは、扉が閉ざされると訪れる「無音」のイデアールな「世界」を予告するかのように、自らの残された「時間」を愛おしみながら「燃焼」し、不可逆的に増大するエントロピーを映し出していたのです。鉄パイプ製の折畳み椅子は、次々にパタンパタンと閉じられながら、擂り鉢状になっている円形劇場の中心にある「The Empty Stage」に向って、まるで意志を持った「生物」のように滑り落ちたのです。私は、その蟻地獄にも見える「空虚な舞台」に呑み込まれないようにと、ありったけの抵抗を試みました。しかし、椅子の在った階段状の客席までもが、数個の大きな破片と無数の小さな破片に砕かれ、それらが更なる細分化を繰返しながら、一方向に不可逆的な流砂を形成し始めたのです。ここでも、増大するエントロピーは、物理的な「時間」として認識されたのです。私は、この真昼に演じられる「寸劇」の幕を自ら閉じるには、この流砂に逆らってはいけないことを、何かにしがみついてはいけないことを悟り、この「時間」の呪縛から逃れることであると自らに言い聞かせたのでした。私の「意識」は、まるで砂時計の砂のように「舞台」という「入口」から落ちて消え、それと時を同じくして、真夜中に演じられる「夢想」の幕は開かれたのでした。この暗い地下の闇の「世界」には、至る所に篝火として灯された「松明」が揺らぎ、その光に照らし出された黄色い岩肌には、弁柄や緑青や白緑で線刻された「絵画」が立ち現れて来るのです。しかし、それらの「絵画」は、現在から過去の経験を意味付け、未来の可能性を思索するという因果的連鎖が断ち切られたものであり、その意味では刹那的であり、可逆的でもあったのです。つまり、時間的連鎖を超越した「世界」が描かれていたのです。私は、私自身の「意識」から消え去った、これら忘却と欠落と幻想の「絵画」を視入ることにより、意味エントロピーの増大は抑制され、再び真昼の「寸劇」の幕が開かれるというメカニズムを理解したのです。それにしても気になるのは、闇を暴き出すはずの光が届かない「The Silent Corner」に蹲る人々の「存在」なのです。それは、過去に何処かの街角ですれ違った女なのか、それとも未来に何事かの集会で隣り合せになる男なのか、彼等の「存在」は決まって暗示的で不明確でありながら、彼等の放つ「気配」は決まって断言的で明確に立ち現れて来るのです。そして彼等は、「沈黙の片隅」から手ん手バラバラに立ち上がり、円錐形に積み上がった流砂のピラミッドから折畳み椅子を引き出し、それらを整然と並べ始めたのです。私の椅子は左から2番目に置かれ、そのことに特に「意味」は無かったようです。最前列の6脚の椅子には、6人の男女が「無言」の内に座ることになりました。12個の眼球が見つめる前方の岩壁には別の洞窟への2つの通路が空けられていて、その中間の岩肌には「1つおよび6つの椅子」という文字が淡墨で書かれていたのです。「概念」が提示されるやいなや、「空間」は薄っぺらなものに変質し、空間認識能力の劣ると見なされた3人が席を立つことになりました。残った3人は右側の洞窟へと案内され、お互いに全く面識が無いことを確認し合ったのです。すると今度は、やはり2つの通路の中間の岩肌には「1つおよび3つの椅子」という文字が濃墨で書かれていたのです。そして、その文字の真下には1つの物理的な「椅子」が置かれていました。この「世界」の「出口」から急遽、呼び戻された私の「意識」は、これは「芸術」が問われているのか、それとも「存在」が問われているのかを悩み始めることになりました。しかし、これが私の苦手とする数学的知識が試されているとしたならば、椅子取りゲームの「椅子」は1つしか残されていないのであり、生残りのためには一刻も速く椅子に座るべきなのです。私は焦りました。と同時に救われる思いでもあったのです。なぜならば、私たちの「存在」は、どのような6人であっても、お互いに全く見知らぬ3人から構成されているという「関係」を、数学的には既に「証明」されていたからなのです。
d0078609_1471368.jpg

[PR]
by artbears | 2010-02-25 20:02 | 芸術


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧