夢博士の独白



<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


美術館の地下には、美しい葉脈の地図の上に虎たちの足跡が残されていた。

フォークを落としてしまったことは、どうやらギャルソンには気付かれなかったようでした。ギャルソンは鋭い目つきで、全ての食事が何事も無く進行していることを、まるで誇り高き指揮者のような表情で見守っているのです。それに美術館に併設しているこのレストランの椅子は、どうも座りにくくて、その堅さが脊髄を経由して脳髄までに、赤と緑に交互に点滅するシグナルとなって送られてくるように設計されていたのです。その痛みは時々、ここがとても恐ろしい事件が起こる場所であることを告げ、その痛みは時々、ここがとても悲しい感情に溢れる場所であることを報せていたのです。私はテーブルの上に置いてある銀製のナイフの鋭利な刃先に、どうしようもなく魅了された素振りを見せながら、ギャルソンの定期的な監視の眼を盗んで、テーブルの下に在るはずのフォークに手を差し伸べたのでした。あなたの温かい手と触れ合ったのは、その時だったのです。安堵と安心の電流が私の指先から伝わり、私の恐怖と悲哀の感情で強張った心を、一瞬の内に血の通ったものにしてくれたのです。そしてテーブルクロスから覗く、あなたの穏やかな表情に見惚れながら、私は失われた銀製のフォークを探し求めることを強く心に決めたのでした。テーブルの下には、湿った土間に正方形の漆黒の穴が掘られており、階段の巾だけ小さくなったやはり正方形の暗闇が、美術館の地下に向かって降りているのです。私は両手を拡げて、階段の淵のところで体重を支えながら、ちょうど逆立ちをした曲芸師のような格好で、一段一々と飛び跳ねながら降りて行ったのです。最後のステップ台が私の体重を支えきれずに崩れるであろうことは、実は私には薄々判っていたことでもありました。しかしあなたの「恐れることは無い」というくちびるの動きが、私を勇敢な冒険者に変えてしまっていたのです。私の身体は黒い炭素の結晶で出来た階段の破片とともに、正に奈落の底を目指して墜落して行ったのでした。私の目に留まった最初の光景は、蓮の葉のような形をした濃い緑色の葉の表面に、水晶玉のような真球の水の塊があり、それらが音も無く零れ落ちながら、私の落下のスピードに合わせるようにして、私の犯した過去の罪悪をその内部に映し出していくというものでした。その背後には、健康的で逞しい太さをした黄緑色の植物の茎が何本も垂直に立っているのです。私が落下した場所は、最初に水晶玉のように見えた球体の上であり、幸いなことに、それは内部に羊水を湛えた透明な弾力のある卵だったのです。私の墜落をまるで合図にするかのようにして、いくつかの卵の殻が破れ、その中から黄色に黒の縦縞もみごとな虎たちが、一斉に躍り出て来たのでした。虎たちは隊列を組みながら、規則正しく、首を左右に振りながら、こちらに向かって歩いて来るのです。彼らの表情には、かつての見覚えのある人々の顔が忘却の彼方より現れては消え、そして懐かしさの感情を呼び覚ますという、記憶の発生装置が仕組まれていたようでした。やがて虎たちは三々五々と集まって来て、その尻尾でゆっくりとしたリズムを取りながら、私の発言を待つことを無言の内に要求したのでした。声を失った私は、大きく深呼吸をして、眼を閉じて、そして念ずるようにして、美術館のレストランのテーブルの上にあったはずのフォークのことを、そしてその在り処が記されているという伝説の美しい葉脈の地図のことを、脳裏の中に強く想い描こうとしたのです。
d0078609_1131081.jpg

[PR]
by artbears | 2007-01-29 20:46 | 未白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧