夢博士の独白



<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


黒い立て髪の黒馬は、その黒い瞳の中に白い立て髪の白馬を視つめていた。

黒い大きな瞳には、透明の涙が溢れんばかりに満ちていたのです。その少し粘り気のある涙は、黒光りする真珠のような球体の表面をなぞるようにして、瞳の奥から湧き上がって来ているのです。その光景は、まるで暗黒の世界から、黒い風船が浮上して来ているようにも観えるのです。その時です。突然、黒馬はその黒い立て髪を振り乱して走ることを決意したのでした。黒い艶やかな髪は、私の目の前で踊り狂うかのように広がり、その一本一々が意志を持った生き物のように、強風に煽られながら蠢いているのです。それらの黒い髪の乱舞の背後には、黒い瞳のだんだんと巨大化する在りさまを観ることができ、それが別世界への入り口であるかのように魅惑的に見えてくるのでした。望遠鏡のレンズを逆に覗き込むようにして視てみると、瞳の奥の奥には、なんと白い立て髪の白馬の不安げな姿が、蜃気楼のように揺れているのです。私はその黒い瞳の角膜を破るようにして、両手を前方に突き出した海老のような格好を採りながら、瞳の内部に侵入することを決意したのです。遥か彼方に視える白馬の白い立て髪を、両目から手繰り寄せるように引き込み、黒いゼリー状の物質と絡ませながら、両耳から排出するという作業を、どれほどの間続けたことでしょうか。そしてやっとの想いで、白馬の豊かな臀部のうねりが手に届く距離に達したと感じた瞬間、私は険しい岩肌に空いた洞窟から飛び出し、真っ逆さまに海辺の波打ち際へと落下する自分に気付いたのでした。眼下には白い砂丘が視野に入り、次にその砂の一粒一々までが視えようとした時、私の両足は逞しい黒馬のそれに変わっていたのでした。私はこの脚を八の字に踏ん張るようにして大きく広げ、砂浜に着地することに成功したのです。海辺には右にカーブを描くように湾曲した絶壁が高く聳え立ち、半円となった砂浜と青空を背景にして垂直に立ち上がる絶壁との境界線が、どこか幾何学的な冷たい世界を象徴しているように想えたのです。白馬はと言うと、誘惑の表情なのか、それとも恐怖を抑えたそれなのかを曖昧にしたまま、海に向かって走り続けて行くのでした。そして私が海辺まで追い詰めたと想った時、白馬の背中からは天使のような美しい白い羽が急速に成長し、「バサッ」と大きく羽ばたくことにより、青空に力強く舞い上がったのでした。私には羽が無い。そして私は海中に突入して、その四脚を虚しく回転し続けていたのでした。すると前方の薄暗がりの中からは、悪魔の心を持つことが明らかな三匹の鮫が、身をくねらしながら泳いでくるのでした。私は想わず海中から天を仰ぎ見て、海面近くまで降下している白馬に、全てを犠牲にすることも厭わないと誓ったのです。それは白馬が、今は黒馬である私のもう一つの可能性であり、そしてもう一つの過去でも在ることを感じるようになっていたからなのでした。
d0078609_12112296.jpg

[PR]
by artbears | 2006-10-30 18:46 | 未白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧