「ほっ」と。キャンペーン

夢博士の独白



<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


私は白い雪、そして白鯨とともに遠くの波打ち際の響きを懐かしむ。

私は白いビロードを拡げたような雪山の小高い丘に積もっている雪でした。朝日がいつものようにキラキラと光の粒子を輝かせ、小さな雪の妖精たちが上昇気流に乗って天空に舞い上がろうとしているころ、私は決まって私の白いビロードの衣服に残された黒い足跡について想い悩むのでした。その足跡は、ある時には剛毛を逆立てた熊のそれのように傲慢であり、またある時には敏捷で抜け目の無い山猫のそれのように狡猾であるのです。そしてその足跡が古い木製の階段の軋む足音へと変化し、一歩また一歩と近づく恐ろしい気配となって私を支配し、最後には鋭利な刃物の刃先となって私の心の扉に突き立てられようとする瞬間、私の全身の皮膚細胞からは悲鳴の涙が堰を切ったように流れ落ちるのです。私は囚われの身であり、この足跡の束縛から解き放たれない限り、私の心は閉ざされたままであることを知っていたのです。しかしそんな時にあっても、天空には暖かく慈愛に満ちた陽光が渦巻きながら光を放っており、小さな雪の妖精たちと戯れるように遊ぶ白い手袋のような羽を持った鳥たちの存在があることを忘れることはありませんでした。その陽光の暖かさを充分に宿した純白の手袋のような羽で、この私の衣服に描かれた黒い文様を、そしていまや私の裸身にまで達そうとしている足跡の黒い心を、救い取ってくれはしないかと何度願ったことでしょう。そんな私の願いは想わぬかたちで叶うこととなりました。それは、私が陽光自体を全身に浴びることを決意し、その一筋一々の光が私の身体のあらゆる細胞をいたわり愛しむものであることを知り、私の「パックリ」と開いた心の傷口をつぎつぎに癒してくれることを感じ取ったからこそなのです。陽光の愛を一身に引き受けることによって、私の体温は上昇を続け、やがてそれは感涙となって私自身を溶かすこととなったのです。私は涙そのものとなり、流れる水となり、そして逃亡への水路へと流れ込んだのです。やがて私の関心は、私を苦しめ続けたあの足音が遠ざかる響きとなり、その響きと交代するかのように聞こえてくる小川のせせらぎに向かったことは言うまでもありません。なぜならば、そのせせらぎの音とは、私自身の歓喜の気持ちが自然の秩序のなかで変奏されている調べとなっていることに違いなかったからです。そのささやかな変奏曲は、やがてオーケストラの奏でる大いなる交響曲の響きとなり、私が大海に辿り着いたことを告げるのでした。大海には白い鯨が悠々と泳いでおり、時たま吹き上げる潮吹きの光景は、まるで雪山に吹き荒れる吹雪のように厳かであり、自然に対する畏怖の感情を抱かせるものでした。この雄大でありながら、繊細な心の持ち主である白い鯨と寄り添うようにして泳ぐことにした私は、その足跡の痕跡がどこにも見当たらない白い巨大な体に耳を押し当てて、遠くに響く懐かしい波打ち際への想いを募らせたのです。その打ち寄せては引いていく自然の摂理である波動に、私は永遠の心の安らぎを感じ、ゆっくりと心臓の心拍をそれに同調させることにしたのです。
d0078609_9543682.jpg

[PR]
by artbears | 2006-09-02 20:21 | 未白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧