夢博士の独白



<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


垂直に立つ黄金色のシロナガス鯨とその体内に湧くエメラルド色の泉について。

それは、神々の君臨を象徴するかのように、明るく澄み渡った水色の空を背景にしながら起こったことでした。黄金色に輝くシロナガス鯨の巨体が、口先を上方にして、まるで天を指差すかのように垂直に立った格好で、ゆっくりとしかも着実に降下して行くのです。この超現実的な光景に魅了された私たちは、心を一つにして、そこに飛び移ることを願ったのでした。私たちの感覚が蘇ったのは、鯨の「さえずり」と呼ばれる柔らかい舌の上でのことでした。それから、その口元の白い半透明の髭のような物質が身体に絡みつくのを避け、それを掻き分け掻き分け喉元と想われる場所にやっとの想いで辿り着いた私たちは、大きく深呼吸をしながらお互いの安堵の表情を確認し合ったのです。私たちは休む暇もなく、鯨の食道に沿って旋回しながら下がってゆくロープだけを頼りにして、無重力に近い空間を、しっかりと手を握り締めて降りて行くことにしたのです。そこには、蒼い血管を誇らしげにその透明の皮肉を通して浮き上がらせている烏賊やワルツのテンポに合わせて踊るような優美さで泳ぐ水母などが生息していたのです。私たちは、彼らといっしょになって、下へ下へと押し流されて行く漸動運動に身を任せることにしたのです。ところどころに観察される鯨の内壁は朱色に染まった寒天状の皮膜から出来ており、その内奥からは潮が渦に向かって急速に流れを速めている光景が暗示されているのです。奇妙な例えようのない不安と危うさを報せるような匂いが、甘い甘い海の神秘を讃えるような芳香に変化したのに気づいたのは、私たちが三つの白い空洞からなる鯨の胃と想われる空間に辿り着いた時のことでした。その内の真ん中に位置する洞には、どこまでも透き通ったエメラルド色の体液をたたえた泉が湧いていたのです。水底から揺らぎながら浮き上がってくる歓喜の表情とその歌声にしばらく見惚れていた私たちは、意を決して、その喜びと美声の持ち主を探さんがために、波一つ起たない水面めがけて飛び込んだのでした。水面に到達するまでに、再び襲われた無重力の感覚を経験しながら、私たちはその歓喜の表情が小魚の銀色に光る群れから成っていることに気づくだけの冷静さを失うことはありませんでした。水面は蓮の花びらが閉じるように、私たちを包み込みながら水中に導くのです。体液からなる泉の素成が身体の皮膜を通して侵入してくることに対する躊躇いと、いやむしろそれを受け入れることによる変化を心待ちにする気持ちが合い半ばしながら、私たちはゆっくりと水面を反対方向から見上げる体勢を取ったのです。すると、水底に向かう幾本もの光の束の収束する辺りには、空っぽになった木製のボートの船底が、主の帰りを待ちわびるかのように揺れ動いているのです。歓喜の表情を操る歌声の主と想われる存在が、水底の暗がりから急速に浮上する気配を感じた私たちは、数多くの気泡と無数の小魚たちの祝福に見守られながら、ボートの縁へと手を伸ばしたのです。黄金色に輝くシロナガス鯨の上昇への反転を感じたのは、ほとんど同じ時であったと記憶するのです。
d0078609_10105140.jpg

[PR]
by artbears | 2006-08-19 19:56 | 未白


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧