夢博士の独白



カテゴリ:世界( 2 )


荒れ狂う日本海、一糸乱れない軍隊の行進と鳴り響く軍靴の音、悪夢と記憶に潜む亡霊

それは、決まってシトシトと「雨」が降る午前3時に起こるものなのです。そして、その「Rain 3am」は、木口を白く塗られた垂木に取り付けられた「樋」の中を、スルスルとまるで不気味な「蛸」の手足のようになって、静かに秘かに行動を開始するのが常でした。私は、そのネバネバした「感触」とあのヌルヌルした「気配」を身近に想像すると、居ても立ってもいられなくなって、思わず、掛け布団を撥ね除けて飛び起きてしまうのです。そして当てもなく、真っ暗闇に向かって、助けを請うのです。それは、まるで救いが、その暗い海のような「暗闇」の中に在ると願うからかもしれません。一体全体、私は何処に居るのだろう、これが何時も、私が私に問い掛ける最初の「自問」なのです。そして、今夜の「Rain 3am」から返って来た「自答」は、私は「深海」に沈潜して、己の感情を煙の如く消し去って傍観者を決め込む、あの不気味な「蛸」なのかもしれない、というものでした。どうしようもない「恐怖」の感覚が冷たい「寒流」となって、私の体内を走りました。私はもだえ苦しみ、そして再び助けを請うのです。やがて、私の「意識」は、体内に流れる温かい「血流」と混ざり合って、深くて暗い「海底」から巻き上がるようにして浮上して、私は私の「所在」の糸口を見出すのです。なんとも言えない「安堵」の感覚が温かい「暖流」となって、私の体内を満たしました。私は平穏な「夢」の大海に漂う「小舟」へと戻れたのです。「夢」の中の時が一つ刻まれました。それは、気が付くとバラバラと「雨」が降る午前4時に起こったのです。そして、その「Rain 4am」は、ザッザッと一糸乱れず行進する「軍隊」とその鳴り響く「軍靴」の音で始まりました。真っ暗闇の何処かに「心」を置き忘れた「軍隊」は、まるで夢遊病者の「集団」のように正確無比な歩調で持って、垂直にかかげた銃口は「天」に向けられ、高く蹴り上げられた「軍靴」は「地」に向かって同時に音を発てて落ちるのです。何と言う力強さ、何とも言えない無力感、のっぺらぼうの「顔」、表情を失った舞踏家の「集団」が整然としかも無目的に、死の「暗闇」へと向かって行進していたのです。「将軍」の死が、新たな歴史の「悪夢」の扉を開けようとしているのです。あらゆる「恐怖」に絡む感情が、繊細な小刻みに震える「小波」となって私の「夢」の「入江」に打ち寄せて来ました。そして「砂浜」は既に流血に染まっていたのです。この「恐怖」の感覚に刺激された叫びの「声」を前にして、全ての論理的な「判断」は揺らぎ、潮が引くようにして消え去りました。東アジアの「政治情勢」の流動化は必至となり、固体化した最後の「冷戦構造」が動く可能性が高まったのは確かなのです。私達の「悪夢」は、まさに始まろうとしているのです。そして、この荒れ狂う「日本海」を狭間にして、私達は幾度の想定外の「極限状況」を経験して来たことかを想ったのです。すると「悪夢」の扉は向こうから開かれ、「記憶」の回路からは様々な「亡霊」が姿を現して来ました。「バルチック艦隊」が吐き出すモクモクと昇る「黒煙」は、まるで坂道を登る蒸気機関車のように疲労困憊した様子を物語っていました。その「蛸」が吐き出す黒墨のようにも見える「黒煙」が次第に晴れ渡った後に現れたのは、日本型リーダーの真髄とも呼べる「軍人」の姿だったのです。彼は組織の進むべき方向を明確に示し、適時に意思決定を下し、決してその「責任」から逃れようとはしなかった。そして、自らは「象徴」の如く振る舞い、組織を「心」でまとめ、守るべき抽象的「概念」を顕かにしたのです。守るべき「概念」とは、もちろん国民国家としての「日本」であり、一部の「集団」に帰属する「価値」ではなかったことは明かでした。一方、「203高地」においては、史上希に見る「激戦」を物語るかのように、銃口から吐き出された硝煙が未だに「白煙」となって漂っていたのです。その「白煙」の合間から視える「軍人」の視線の彼方には、累々と横たわる誠実で忍耐強く、礼節を弁え自己犠牲の「精神」に溢れた兵士達の「亡骸」はなく、もっと向こうの物質や現世的「価値」を超えた「精神世界」が在るように思えたのです。そして、これらの「概念」や「世界」こそが、グローバル経済の進展において、消失の危機に曝されている「上部構造」に他ならないのです。「Rain 5am」は増々激しい「雨」となり、私が過酷な「現実」に戻るべき時間が迫っています。そして、この激しい「頭痛」の原因は、過去の「亡霊」を視たからではなく、未来の「将軍」のリーダーとしての「資質」にあることは間違いなかったのです。
d0078609_17502648.jpg

[PR]
by artbears | 2011-12-31 17:44 | 世界

記憶から消えた霊峰と消えなかった橋梁、戦闘機と駆逐艦、そして夜空に咲く花火の大輪

この神々の降臨する「場所」と崇められて来た「霊峰」の美しさは、刻々と千変万化する気象条件を映し出す「鏡」となることで、雄大な自然そのものの「頂」として君臨する「天命」を与えられて来たからこそ、このように神々しく観えるのだと想ったのです。それは、人間の知覚能力の何万分の一という微細で精緻な時間的単位の「世界」では、決して同一の「現象」が二度と起こり得ない「奇跡」の連続から成り立っているという「構造」が存在し、その本質的な普遍性が人間の「視覚」を通して認識され、この完璧であるという意味において特別な「霊峰」に、人々は超越的存在としての「神性」を観るのではないかと想ったのです。つまり、神(普遍)にして山(個物)である「富士」(特殊)は、聖霊降臨による三位一体となった「霊峰」として存在していたのです。そして、この純白の穢れなきマントを羽織って毅然と聳え立つ「富士」は、燦々と降り注ぐ太陽の光を全身で受け止め、それを惜しみなく照り返すことにより、自らを荘厳に光り輝く「存在」へと高めていたのです。私は、「神」が揺るぎなき「基準」であるとするならば、この「富士」の絶対的な「美」としての価値基準はこれからも否定されることなく、永遠に保証されるに違いないと思ったのです。束の間の忘我の時間を過ごした私達は、厳かな気持ちを忘れることなく、何重にも防弾機能を施された重いガラス扉を開くことにしました。すると、初春の訪れを告げる「恋文」のように爽やかな「春風」が、一気に「室内」に流れ込んで来たのです。ところが、ベランダは事もあろうに「戦闘機」のコックピットとして改装が成されていたのです。コックピットの前方には計器板があって、数多くの計器類が色鮮やかに点滅し、その「光景」はまるで、神秘的なスケールと表現するしかない「宇宙」につながる漆黒の「夜空」を、より一層際立たせるクリスマスツリーの「電飾」のようにも観えたのです。しかしやがて、胸いっぱいに吸い込んだはずの「春風」は「秋風」に変じて、周りには一瞬にして「緊張」が走りました。防空サイレンが鳴り響いたのです。「状況」の急変を感じ取った私は、あなたの同意を得て、準備された「戦闘服」に身を固め、一人で操縦席に着座することにしました。ドーム型の風防は「視界」に制限を与えるものでしたが、前方のガラス面には様々な「情報」が文字と数字で表示されていたのです。しかし、それを一瞥するや否や、私の「頭脳」に血液が逆流を開始したのです。「情報」は全て左から右に書かれるアラビア語で表示され、私は完全に「文字」による「情報」から隔離された「状況」に置かれたのです。目の前には、あの「富士」の姿は消えて無くなり、代わりに「視覚」を通して認識できる「情報」として、二隻の「駆逐艦」が月に照らし出された二本の白い帯状の「航跡」を残して、静かに「湖面」を移動していたのです。私には、この「光景」が情報操作による捏造された「映像」なのか、私の深層心理の中で肥大化している「恐怖」が「映像」として情報化されているのかが、判別の下しようがなかったのです。ともかく「世界」は異常事態に突入して、「歴史」は転換の新たなページを開いたのは間違いないようです。あの「経済」の薄気味悪い心地良さは、グローバル化の過渡的で一時的な「現象」だったのです。そして、世界中の「神」と崇められた「偶像」は、その「基準」自体を否定され、総体としての価値の「喪失」が始まったのです。その時、轟音とともに二隻の「駆逐艦」から一斉に艦砲射撃が開始されました。次々に「砲弾」は着弾し炸裂し、至る所で「炎上」が始まった「館内」は騒然とした雰囲気に包まれたのです。しかし、ベランダへ飛び出したあなたと操縦席から降りた私は、不思議と冷静な「心境」で眼下を見下ろせたのです。道路は「群集」で埋め尽くされ、彼等は湖畔を迂回しながら「対岸」を目指していました。すると突然、「群集」の向かう方角の「夜空」に黄色の「火玉」が一直線に上昇し、その昇り詰めた「頂」で美しく開いたのです。「星」は球状に飛散して、やがて「菊」の花のように光の尾を引きながら、「花火」は大輪を咲かせたのです。そして、「枝垂桜」の花のように燃焼しながら落ちる「光」が照らし出したのは、「対岸」へと渡されたアーチ状の「橋梁」でした。私達は慌てて、過去の「記憶」のページをめくりました。そこには確かに、この「橋梁」が共通の思い出として残っていたのです。そして、あの絶対的な存在としての「富士」もまた、「記憶」の雲が晴れ渡るにしたがって、その神々しい「雄姿」を見せ始めたのです。
d0078609_1811970.jpg

[PR]
by artbears | 2011-02-28 19:49 | 世界


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧