夢博士の独白



夢を見た夢5:碧い大海原又は瞳の奥の精神、恐怖又は幻影としての格納された飛行機

 大海原を誰が飛行しているのだろうか、その「意識」に引き戻されたのは、「碧眼」の少女の「瞳」の奥に在る「精神」の美しさに「感嘆」の思いを抱いたからに違いなかったのです。それほど「海」は碧く、紛れも無く飛行していたのは、私の「意識」でした。それは、宙に舞う「羽衣」の肌触りのようにして、とても甘く、とても柔らかく、その「感触」に耽っていたのは、他ならぬ「意識」そのものだったのです。
 確か「飛行機」は故障していたはずで、それもテスト飛行と告げられていたのです。そもそも、あのような四方が「絶壁」に囲まれた天空の「飛行場」で、私が居たという「証言」を求められる「他者」は居ない。「夢」の中の「意識」は、相変わらずの知らぬ存ぜぬを決め込んでいる。詰まるところは、私がいくら想ってもいかに思っても、私の「不在」は明らかでした。
 大海原を「私」が見下ろしているのだろうか、その「意識」に引き返したのは、眼下に巨大なクジラが泳ぐ「姿」が視えて来たからでした。先頭を行くクジラは数頭のイルカを従えていました。ゆっくりとした上下運動が進行方向を決めて行く。意思決定の「痕跡」は白い「波頭」となって、それは儚い「運命」のように生まれては消えて行く。邪悪な黒い「意志」が、彼等の背後に迫っていたのです。真っ暗闇の「海底」から、私の「不安」も急速に浮かび上がって来たのです。
 その「不安」から逃れなければいけない。私は無我夢中で走りました。その「足音」に追い着かれてはいけない。私は暗中模索で歩きました。「夕闇」が慌てて落ちてくる。「靴音」だけが取り残されて響く。気が着くと、どんよりとした「意識」の暗がりから、ぼんやりとした「飛行機」のシルエットが視えて来たのです。錆びた「鉄」と塩気を含んだ「海」の臭いが漂って来ました。ここは恐らく、海辺の近くの「格納庫」に違いない。それは恐らく、あの「夢」の中の「飛行機」に違いない。
 木製の観音開きの「扉」には、最新式の「電子錠」が取り付けられていました。思い付くあらゆる「番号」を入力したにも拘らず、「鍵」は施錠を拒み続ける。足元には「海水」がヒタヒタと押し寄せ、その「触手」が、私の「足首」を掴もうとしてくる、そのとき、私は「津波」の到来を「予感」したのです。振り返って視ると、あの「飛行機」が巨大なサメの「幻影」となって見えて来たのです。私の「不安」が「正体」を現したのです。
 私は「格納庫」の二階へと「階段」を駆け上がっていました。「階段」の踊り場には、正面に大型TVが設置されていて、「階段」は左右に分岐された「構造」になっていました。TVには、「電子錠」が赤く点滅して、やがて開錠され、「津波」が堰を切って流れ込んでくる「光景」が映っていたのです。「鍵」は誰が施錠したのか、私の「夢」が逆戻りを始める。あのとき、天空に向かう「道路」は「限界」にまで達していて、分岐された「道路」をハンドルは左に切られたのです。下降する「視界」が前方に拡がりました。「格納庫」が観えて、今にも「津波」に呑み込まれようとしていたのです。
d0078609_1302476.jpg

[PR]
by artbears | 2017-04-29 13:01 | 連白
<< ひとりでに開閉される扉、押し寄... 夢を見た夢4:猫又は碧眼の少女... >>


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧