夢博士の独白



恍惚なる闇を墜ちる意識、エロス的身体又は無意識の水源、言葉が創造する世界と意味

 垂直に落下する無気力な「感覚」、それに伴って、透明の「水源」が気化上昇する無重力な「感覚」、脱臼した「身体」は宙に浮かび、真っ逆さまに落下する「意識」が、それを見詰めている。それは、正しい「位置」を失っている。深く暗い「不安」に「場所」を委ねている。私の目の奥の「洞窟」の「底」が抜け落ちたのです。恍惚なる「闇夜」をどこまでも墜ちて行く奇妙な「感覚」が、私自身の「意識」を呼び戻したのです。
 三月ウサギが単なる「言葉」の語呂合わせだったという「知識」は、落下する「意識」の「壁」に貼り付いていたものでした。それは、ロンドンの赤茶けたレンガの「壁」に貼られたポスターのようにして、気紛れな「風」に遊ばれていたのです。アリスの「寓話」に秘められた尤もらしい「解釈」が、果たして的を射たものであるのか、的を外したものであるのか、その「解答」も宙に舞っている。誰かが放った無数の「矢」が、欺瞞に満ちた「闇夜」を彷徨っている。それらは、「真実」には到底到達し得ない。
 偶然と言えば言い訳になるが、フロイトの「顔」が、まるで通りがかりの見慣れた「犯人」のようにして、あの「壁」に映し出されたのです。それは、「鏡」のなかの「死人」のように蒼白く視えました。恍惚なる「闇夜」に科学の「光」が射し込まれようとしている。私の狼狽を「分析」されてはいけない。私の赤面を「観察」されてはいけない。あのプライベートな「感覚」に対して、性的な「解釈」が成されようとしている。
 「読書」は止めよう。「知識」を捨てよう。さもなければ、私の「思考」は無名性と匿名性の「他者」に支配されてしまう。次々と「矢」は放たれている。私の「意識」は、それに脅えている。無邪気な「感情」の暴走を防止しなければならない。全てが何の「根拠」も無いという「前提」でのゲームに参加すべきなのだろうか。「戦争」は既に始まっている。無防備な私は、一体全体誰に向かって「矢」を放てばいいのだろうか。
 必然と言えば言い訳になるが、「話題」を変換する必要性に迫られた「私」は、あのナルシスの「水源」に行こうと思い立ったのです。ところが、透明だったはずの「水源」は、ドロドロと濁った「沼池」に変貌していたのです。それは、エロス的身体と呼べるものでした。その傍らには、あの清らかな「水仙」は消えて無くなり、巨大なチェシャ猫がニヤニヤと不気味に笑っていたのです。
 「笑わない猫」が「猫のない笑い」へと変換変異する。「語句」が並び替えられる。「意味」ははぐらかされて、時に茶化されて、時に肩透かしを食らっている。それらの「言葉」の遊びから生まれたイメージが、強烈に自己主張をするキャラクターとなって、私の目の奥の「洞窟」の「住民」となったのです。
 どうやら、私は無意識の「沼池」に足を踏み入れてしまったようでした。この無意識の「領域」では、多くの謎めいたイメージが生成消滅を繰り返していたのです。「善」と「悪」ですら、渾然一体となっていたのです。私は、この「混沌」のなかにあって、目の前で展開する表層的な「現実」を遥かに超えた規模で存在する、もう一つの深層的な「現実」の存在を「直感」したのです。
 重く静かに沈んで行く「過剰」のなかで失われる「感覚」、その「感覚」を追い掛けて行くと、まるで泡立つ「濃霧」が晴れ渡るようにして、新たな「認識」が見得て来たのです。私はたじろぎ「恐怖」する。私はしりごみ「憂慮」する。と同時に、ある種の安心と厳粛なる「感情」に満たされる。外なる「言葉」と出会ったのです。その硬質で、曖昧さを削ぎ落とした厳格なる「言葉」と出遭ったのです。そこには、この「世界」の「意味」があった。そこには、私の欲する新しい「力」があった。
 確かに、はじめに「言葉」があったのです。「言葉」こそが「世界」を定義して創造して、それに「意味」を与えて来たのです。ならば、私の見える「世界」を、私の「言葉」で表わそう。それが、どれほど拙く幼い自信の持てない「文章」であっても、「他者」に読まれることを「前提」にした、私の「言葉」を発しよう。その「目的」に向かって、私の「矢」は放たれたのです。
d0078609_19281929.jpg

[PR]
by artbears | 2016-10-24 19:28 | 連白
<< 森のなかの一脚の椅子、言葉に依... 木霊する言葉と意味の喪失、取り... >>


ソフトマシーン・やわらかいきかいのひとりごとです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧